三田聖二の名言|シェアを奪うのではなく、市場を創るのが当社

シェアを奪うのではなく、市場を創るのが当社。常に新しい価値を提供すれば問題ない。

三田聖二 の経歴

三田聖二、さんだ・せいじ。日本の経営者。「日本通信」創業者。石川県出身。アメリカで幼少期を過ごす。デトロイト大学電気工学科で工学博士号を取得。ハーバード大学経営大学院上級マネージメントプログラム(A.M.P)修了。カナダ国鉄勤務、コンレイル鉄道勤務、ロングアイランド鉄道副社長、シティバンク・エヌ・エイ副社長、メリルリンチ証券プロダクトオペレーション担当副社長、モトローラ本社副社長兼日本法人常務取締役、アップルコンピュータ本社副社長兼日本法人社長などを務めたのち、日本通信を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私たちは「本業を通じた社会貢献」といっていますが、株式や投資信託、債券などへの投資を通じて、企業や社会の成長に参画していただく。しかも日本だけでなく世界の成長にも貢献していく。投資にはそんな視点もあると考えています。

鳥海智絵の名言|本業を通じた社会貢献


言葉の力は強い。今は「ネバーギブアップ!」の紙を貼り浸透させてます。

北浦明雄の名言|言葉の力は強い


社内人脈をつくる目的はあくまで自分が生み出す成果を最大化し、組織に貢献するためです。単なる知り合いが多いだけでは成果につながりません。

曽山哲人の名言|社内人脈をつくる目的を忘れないことの重要性


武器を手に入れてもコンディションが悪くては宝の持ち腐れ。結婚を機に体質改善で、遊びも食事も控えて、肝臓を9年かけて治した。そうしたら、翌年16勝をあげることができた。

工藤公康の名言|コンディションが悪くては宝の持ち腐れ


世界の株式市場の動向も個別銘柄の推移もさまざまなお化粧に惑わされてはいけません。綺麗に飾ったって儲からなければ元の木阿弥。そのための審美眼を日々磨いていきましょう。

櫻井英明の名言|株に対する審美眼を日々磨くことが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ