平山みきの名言|何でも先延ばしにしているとどんどん時間がなくなる

年々、楽しむ時間が少なくなってきてるわけですよ。何でも先延ばしにしているとどんどん時間がなくなる、というのを最近感じていて。だからやりたいことを自分から見つけて動くようにしています。

平山みき の経歴

平山みき、ひらやま・みき。日本の歌手。東京都出身。日本音楽高等学校卒業。『ビューティフル・ヨコハマ』でデビュー。その後、多くのヒット曲を生み出した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人に話せば、あとで「あの話はどうなった?」と聞かれるから自分を追い込める。

佐藤卓の名言|人に話せば、あとで「あの話はどうなった?」と聞かれるから自分を追い込める


テーマに直接関係のない人まで呼ぶと、意見をいわないため、会議は沈滞しがちになります。出席者は絞り込みが大切。「このプレゼンで、何を誰に伝えたいのか」をつかんでいれば、誰を呼ぶべきかもわかるはずです。

菅野誠二の名言|会議には直接関係ない人は呼ばない


マッキンゼーでよく言われるのが、「会議で発言がゼロの人はバリューもゼロ」ということ。ひとことも話さなければ、その人がいてもいなくても会議の結論は同じであり、その人の付加価値はゼロです。会議に参加して「勉強になった」などと満足していることは許されません。

伊賀泰代の名言|会議で発言しなければその人の付加価値はゼロ


見えないからこそ手を抜かない。手を抜こうと思えば、いくらでも手抜きができるんですが、手を抜いた途端に故障や事故が発生しますから、見えないからこそ手を抜かずにやるというのは非常に大切なこと。

石田克史の名言|見えないからこそ手を抜かずにやるというのは非常に大切


外部環境を自分で変えることはできないのだから、環境悪化を嘆いても仕方がありません。そういうときは無理をしないで、できることに集中したほうが気持ちは切れないと思います。

小暮真久の名言|できることに集中する


これまでの延長線上でビジネスモデルとか、プロモーション戦略とかを考えても何にもならないし、大義もない。

石川康晴の名言|これまでの延長線上で考えないことの大切さ


定年は七十歳に設定した。しかも定年まで給料を下げない。多くの会社では、六十歳を過ぎると給料を半額にしたりしているが、ウチはそれをやらない。おそらく日本では当社だけだろう。これによってどうなるか。三十代、四十代の働き盛りの社員が「おれたちを七十歳まで働かせてくれる。この会社のために頑張ろう」と思って、一生懸命に働いてくれるようになるんだ。

山田昭男の名言|社員が会社のために頑張ろうと思うような制度を


副業は単に収入を得るのではなく、生き方の幅を広げるもの。アフター5は副業や自分の時間に使いたい。だから本業の仕事の生産性を極力高め、短時間で集中してこなす。それが自分を磨くことにつながった。

柴田英寿の名言|副業は生き方の幅を広げるもの


一方的な意見を押し付けたり、威圧的な話し方をしたりする上司は、実は自分に自信がないのです。「部下に軽んじられるのでは」という不安が強く、自分を大きく見せなくてはと思うあまり、虚勢を張って尊大な話し方をしてしまうのです。

榎本博明の名言|威圧的な話し方をすることは自信がない表れ


自らの形を残さない触媒は目立たないが、それだけに難しい役回り。

鈴木英敬の名言|自らの形を残さない触媒は目立たないが、それだけに難しい役回り


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ