伊集院静の名言|賭け事では先駆者たる者が勝つ

私はギャンブル人生の中で、数多くの勝負師たちと出逢いました。彼らは皆、自分のフォームとパターンを持っている。賭け事では先駆者たる者が勝つのです。

伊集院静 の経歴

伊集院静、いじゅういん・しずか。日本の作家、作詞家。山口県出身。立教大学文学部卒業後、電通勤務、CMディレクターなどを経て『小説現代』に『皐月』を発表し作家デビュー。『乳房』で吉川英治文学新人賞、『受け月』で直木賞、『機関車先生』で柴田錬三郎賞、『ごろごろ』で吉川英治文学賞、『ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石』で司馬遼太郎賞を受賞。また作詞家としても活躍し、数々のヒット曲を生み出した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

事業構想に取り組んでいますと「社会の一翼を担う」という理念がなければならないということを痛感します。企業は理念に基づき広報活動を行う必要があります。

東英弥の名言|「社会の一翼を担う」という理念がなければならない


様々な問題を内包するのが資本主義。そしてこの枠組の中で活動する企業も、最近の東芝に見られるような不祥事をたびたび起こします。されど資本主義、されど企業。完璧ではないが守るべき存在が資本主義、そして企業です。これらが完成度の高いシステムに変貌を遂げるためには、「問題を先送りせず、正すべきは正す」というのが80年代のバブルの教訓です。

永野健二の名言|完璧ではないが守るべき存在が資本主義、そして企業


難しい案件は、それが本当に会社のためになるのかどうか、経営陣全員がよく議論する。トップの独断専行に陥らないようにすることが大事。そして、商社としてユーザー(顧客)のために仕事をする。それが今の阪和の活力になっている。

北修爾の名言|よく議論してトップの独断専行に陥らないようにすることが大事


すべてを「自分の問題」と考えるから、最後まで逃げずに頑張り抜くことができる。

石田宏樹の名言|すべてを「自分の問題」と考えるから、最後まで逃げずに頑張り抜くことができる


頭なんて、帽子を被るか、人前で下げるか、それくらいしか使い道がないですよ。頭の下げっぷりのいい人は、とにかく人に可愛がられる。わざとチョンボをやって頭を下げて、相手の懐に入っていく強者もいますからね。

鈴木喬の名言|頭の下げっぷりのいい人は、とにかく人に可愛がられる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ