伊集院静の名言|自分の考えで賭け、それで負けて悔しいと思う人の方が次の可能性がある

ギャンブルには「押していかなければ、夢を食っているだけ」という言葉があります。他人の負けをあれこれ解説するより、自分の考えで賭け、それで負けて悔しいと思う人の方が次の可能性があるのです。

伊集院静 の経歴

伊集院静、いじゅういん・しずか。日本の作家、作詞家。山口県出身。立教大学文学部卒業後、電通勤務、CMディレクターなどを経て『小説現代』に『皐月』を発表し作家デビュー。『乳房』で吉川英治文学新人賞、『受け月』で直木賞、『機関車先生』で柴田錬三郎賞、『ごろごろ』で吉川英治文学賞、『ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石』で司馬遼太郎賞を受賞。また作詞家としても活躍し、数々のヒット曲を生み出した。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ