櫻井英明の名言|「勘」は記憶の産物、そして「度胸」は推理の結果

相場に必要なのは「勘と度胸」と言うと、いささか軽く聞こえますが、実は「勘」は記憶の産物、そして「度胸」は推理の結果です。

櫻井英明 の経歴

櫻井英明、さくらい・ひであき、さくらい・えいめい。日本の投資アドバイザー。東京出身。日興證券で機関投資家の運用トレーダーを務める。その後、インターネット専門証券会社営業企画兼情報担当、MC投資顧問(株)取締役副社長、株式新聞Weekly編集長などを務めた。著書に『櫻井英明の株式透視論』『待ってたぜこの瞬間 やっぱり株は儲かる!』『いちばんわかりやすい金融商品取引法のポイント』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は自分が手がけている事業に信念を持って取り組んでいます。それを正直に包み隠さず、きちんと話せばいい。仮に実績がなくても、年齢が若くても、社会に役立つビジネスであるという理念を理解してもらえれば、どんなビジネスでもうまくいくと思います。

南壮一郎の名言|理念と信念を語ることが大切


私自身、野菜のことも、システムのことも何もわからなかったし、小売業で働いた経験もありません。だから、現場の社員に「こうしなさい」とやり方を具体的に言うことはできません。その代わり私ができるのは、事業の出来上がりのイメージを伝えて、「システムはこうして」とか「カスタマーサポートはこうしておいて」などと伝えることです。

高島宏平の名言|経営者は事業の出来上がりイメージを伝える


どの時代にもそれなりの神経症があり、底知れない無意味感に悩んでいる。

ビクター・フランクルの名言|どの時代にもそれなりの神経症があり、底知れない無意味感に悩んでいる


安定しているって、収入が減ることも少なければ、増えることもほとんどないわけで、つまらない。

木原直哉の名言|安定しているって、収入が減ることも少なければ、増えることもほとんどないわけで、つまらない


PRで大事なのは時代の流れをつかむことと、クライアントが世の中に伝えたいことを正確に把握して、「これなら広まる」という情報を開発すること。

西江肇司の名言|PRで大事なこと


中小企業は決して弱い存在ではないです。一つは意思決定が早い。景気が悪いときに大企業がやらないような将来の投資をやった中小企業もたくさんある。

三村明夫の名言|中小企業の強み


ブラジルでの成功は、販売代理店との信頼関係が醸成されていたからこそ成し遂げられたものです。海外の販売代理店との信頼関係を作り上げるには長い時間が必要です。時にはトラブルもありますが、ブラザーが世界の競合と海外市場で伍していくためには、現地の代理店が応援して売ってくれる強い絆が必要になります。

小池利和の名言|販売代理店との強い絆が必要


ブランドブックがそうであるように、様々な人たちが街に参加することで横のつながりが生まれ、新しい何かが生み出される。我々と一緒になって街づくりに加わることのメリットを示すうちに、自ずと多くの店舗が街づくりに協力してくれるようになっていきました。

辻慎吾の名言|企画を活性化させるには


なぜ自分の外見を知る必要があるかといえば、人は相手に外見どおりの行動を期待するからです。ところが、その人の行動が期待と違うと、相手は裏切られたと感じます。

唐澤理恵の名言|自分の外見を知る必要がある


叔父である創業者から経営のバトンを引き継ぎ、2代目社長になりました。セリアは100円ショップ業界で、大創産業に続く2位に成長しましたが、これまでは創業者が個人で引っ張ってきた会社という印象でした。創業者の退任と社長交代を経て、セリアはようやく、本当の意味で法人になったと考えています。

河合映治の名言|創業者の退任と社長交代を経て、セリアはようやく、本当の意味で法人になった


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ