岡本和久の名言|将来の自分を支えられるのは現在の自分だけ

国や勤務先は老後まで面倒を見てくれない。将来の自分を支えられるのは現在の自分だけだ。

岡本和久 の経歴

岡本和久、おかもと・かずひさ。日本の投資教育家、経営者。「I-Oウェルス・アドバイザーズ」社長。慶應義塾大学経済学部卒業。日興証券証券アナリスト・ストラテジスト、バークレイズ・グローバル・インベスターズ日本法人社長などを経て、I-Oウェルス・アドバイザーズ社長、日本証券投資顧問業協会理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

感性も磨かないと見えてこないことが沢山あって。磨くのを怠ると、退化しますからね。これは感性教育っていうジャンルの先生方にお聞きした話なんですが、絶対的に綺麗なものって存在しなくて、何かを綺麗だなって感じるには、そういう認識の元で見ておかないといけない。綺麗だってわかるようにならないんですって。

小阪裕司の名言・格言|感性は磨かないと退化する


定年後に老後を考え始めるようでは遅い。定年を前に、出世ルートを外れていると感じるならば、仕事以外の自分の幸せを考え直すよい機会と捉えるべきです。自分の身辺を見直し、不要なモノを捨てることで、身軽に生きられます。整理を始めるなら、早いにこしたことはありません。その分長い時間を「手ぶら」で生きることができるのですから。

弘兼憲史の名言|定年後に老後を考え始めるようでは遅い


パンをご飯に見立てるという発想で商品を開発してきましたので、メルヘンは独創的な商品が多いのです。大葉やレンコン、ゴボウといったものやイカフライまである。特に、生クリームを使ったイチゴやマンゴーなどフルーツ系のサンドイッチが人気になったきっかけだと思います。

原田純子の名言|パンをご飯に見立てるという発想で商品を開発してきた


人類がここまで進歩したのは、競争の存在が大きいと考えている。競争で優勝劣敗が決まり、栄枯盛衰が決する。厳しい生存競争という自然界の原理原則――。それゆえに人類は知恵を絞り、創意工夫を巡らせ、向上・発展に努めてきた。それは企業も同じだ。

古森重隆の名言|人類は競争により向上・発展してきた


都心部に特化しているため、土地勘を生かしたテナント斡旋力があります。都心中心の約60人のオフィスリーシング部隊が新規入居を推進し、ビル担当者が1か月に一度必ずテナントさんを訪問し、コミュニケーションを密にして更新を促進しています。

堀口智顕の名言|地域に特化する利点


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ