岡本和久の名言|将来の自分を支えられるのは現在の自分だけ

国や勤務先は老後まで面倒を見てくれない。将来の自分を支えられるのは現在の自分だけだ。

岡本和久 の経歴

岡本和久、おかもと・かずひさ。日本の投資教育家、経営者。「I-Oウェルス・アドバイザーズ」社長。慶應義塾大学経済学部卒業。日興証券証券アナリスト・ストラテジスト、バークレイズ・グローバル・インベスターズ日本法人社長などを経て、I-Oウェルス・アドバイザーズ社長、日本証券投資顧問業協会理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

若いうちはスキルだけである程度仕事をやっていけますが、30歳を過ぎ、役職がつくと、取引先も上司も部下も、あなたの器を品定めするもの。「器が大きい」と判断されれば、人も情報も集まってくる。一方、見切られれば、何も集まらない。「あいつには任せられない」と思われたら終わり。

やるべきことをやらなければ、絶対に結果は得られない。

今も昔も結局、成功も失敗も同じような法則で繰り返される。傍から見れば分かるのですが、自分自身がその当事者になっていると大きなミスを犯していることにすら気が付かないものです。

チャンピオンとは立ち上がれないときに立ち上がる人間のことだ。

ストーリー性のある事業が大切。単品ですと、付加価値をどこで出していくかが難しい。素材から販売チャネル、ブランド展開も含めて、連続的に考えていくことが必要。

私はよく「1やって2やって3やるのではなく、1と2と3を並行してやれ」といいます。企画して市場調査してから実行していたら時間がかかる。新商品の発売にしても、リサーチ結果が出てからカタログや広告の印刷に取りかかったら遅い。「これでいけそうだ」と思ったら、仮説のもとに企画を立ててスタートしろ、ということです。たとえ、捨て金が発生しても、遅れるリスクよりは安い。リサーチは結果的に企業の質を検証するためにあればいい。そう考えているからです。

組織に働く者は、組織の使命が社会において重要であり、他のあらゆるものの基盤であるとの信念を持たねばならない。この信念がなければ、いかなる組織といえども、自信と誇りを失い、成果をあげる能力を失う。

日本各地の食文化は、土地ごとの気候風土、人々の暮らし向き、伝承文化などによって育まれており、食をたどるほどにその土地を深く知ることにつながっていきます。

本業を通じて社会に貢献する。

パニックから抜け出す、冷静な思考を取り戻すのは難しくありません。例えば追い込まれた打者であれば、「この場面でやるべきことは何だ?」「狙い球はどうする?」「打球方向は?」と自問を始めた瞬間に思考は動き出します。緊張はそのままに、頭を動かせばいいのです。

ページの先頭へ