枡野俊明の名言|日頃から努力を続けているからこそ結果に結びつく

物事は「原因」と「縁」が結びついて結果につながる。日頃から努力を続けているからこそ結びつく。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当学の考え方は、いつの時代にあってもどんな人材を社会が必要としているのかを基本に考えてきた、ということ。その学校が世の中に必要だという観点で設置し、運営していくべき。

堀井基章の名言|いつの時代にあってもどんな人材を社会が必要としているのかを基本に考えてきた


日本は資源が少ないので海外に求めなければならないが、それもただ資源を日本に持ってくるだけでは、いかな低開発国でもいい顔をするはずがない。つまりこっちから金や技術や人を持っていって、向こうで仕事をするのが本当だ。事実、こうした合弁会社形式のものが目立って多くなっている。

池田亀三郎の名言|他国での資源開発は、資源を持ってくるだけではダメで、向こうで仕事をするのが本当


社員と未来を一緒に語る。そうすればおのずと理解は深まり、ついてきてくれると考えています。

中山讓治の名言|社員と未来を一緒に語ることの大切さ


共感を引き出すためには、相手が求めている考えや感覚を知ることが不可欠。直接本人に聞ければベストですが、それが無理なら日頃の言動などから何を求めているのか考えましょう。

佐々木圭一の名言|日頃の言動などから相手が何を求めているのか考える


東日本大震災が起きた日の午前中に、僕は、千葉県内で乗っていたタクシーが追突され、意識不明で病院に運ばれたんです。診断結果は、首の第二頸椎骨折。瀕死の重傷で、意識が回復した後も身体が動かず、約3カ月間の療養を余儀なくされました。大変な事故ではありましたが、この経験から、僕は、「人はいつ不慮の事故に遭うかわからない。そのまま死んでしまうこともあり得る」ということを改めて痛感し、1日のありがたみをより一層感じるようになりました。すると、パワーがさらに加速してきて、モチベーションが抑えきれなくなってきました。1日24時間じゃとても足りませんから、くよくよ悩んでいる暇はないのです。

阿部祐二の名言|重傷を負って1日のありがたみをより一層感じるようになった


ホスピタリティ産業と言われているサービス業のノウハウをゴルフ場として、取り入れなければならない点は多い。5つ星ホテル並みのサービスを提供するゴルフ場もあれば、気軽に楽しめるセルフ式のゴルフ場もあっていい。

田中耕太郎の名言|サービス業のノウハウを、取り入れなければならない点は多い


仕事の効率化、競争力確保のために、グループ全体で標準化された仕組みを持つべきなんです。それと同時に、それぞれの部門が創意工夫をして、自主的に仕事に向かわなければいけません。

勝俣恒久の名言|競争力確保のためにグループ全体で標準化された仕組みを持つ必要がある


私たちは普段、世の中の動きをよく見ているようでいて、実はそうでもありません。日常にどっぷり浸かっていると、ものの見方やとらえ方はどうしても限定されてしまうからです。そこで必要なのが「俯瞰力」。空を飛ぶ烏の眼から世界を見るように、視点・視座をより高く引き上げ、より広い視野を持って、環境の変化や問題の構造を立体的にとらえ直すこと。

井上陽介の名言|日常にどっぷり浸かっていると、ものの見方やとらえ方はどうしても限定されてしまう


私は決断する前には、長く思案する。しかし、いったん決断したあとで二度と後戻りをしない。思案に思案を重ねたうえで得た決断であるからだ。

小早川隆景の名言|長考の効用


怒りの源泉は、人間が持つ「自分の身を守る感情」。動物は敵が現われたとき、すぐさま相手に飛びかかったり、逃げ出したりできるよう、臨戦態勢に入ります。その際、アドレナリンという心身の興奮状態を作るホルモンが分泌されます。これが怒りの源です。また、自分が守りたいテリトリーを脅かされたとき、同じように臨戦態勢に入ります。そのテリトリーとは、誰しも心の中にある、「こうあるべきという価値観(思い込み)」です。

安藤俊介の名言|怒りの源泉


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ