城岡陽志の名言|新しいことにチャレンジしなければ変われない

企業は環境に適応していかなくてはならない存在。環境はどんどん変わっていくのだから、組織も絶えず変わっていかないといけない。新しいことにチャレンジしなければ変われない。

城岡陽志 の経歴

城岡陽志、しろおか・きよし。日本の経営者。機械部品メーカー「太陽パーツ」創業者。愛媛県出身。高校卒業後、大阪の商社勤務を経て太陽パーツを創業。ユニークな経営手法で同社を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

20代のころの私は、論文をひたすら書き続けることだけに専心していました。しかし、30歳近くなったとき、自分が生涯をかけて追求したい学問分野をつくりだそうと一念発起しました。その挑戦を支えてくれたのは、大学外の人々とのネットワークです。

中原淳の名言|自分が生涯をかけて追求したい仕事を見つける


私たちはとにかくルールを欲しがる。しかし、このようなルールは実際のところ、どの程度役に立つのだろう。結局のところ、「ルールは破られるためにある」という最もありふれた格言こそ、究極のルールなのかもしれない。

ダン・ケネディの名言・格言|ルールは破るためにある


「譲れない一線」がなぜ必要かといえば、「これは絶対に繰り返さなくてはならない」ということを現場に徹底しないことには、目線がどんどんブレていくからである。「譲れない一線」は、何項目もある必要はなくて、多くても5つくらいのことに絞りこまれた「これは絶対やるべし。あとは考えなくていい」という指針である。

火浦俊彦の名言|「譲れない一線」を明確に


子供の頃から舞台俳優になりたいと思っていました。高校演劇をやりながら、クラシックバレエや楽器を習ったのも、舞台でメシを食っていくための武器になるだろうと考えたからです。

古田新太の名言|将来のために色々やってみる


手帳のフリースペースは、街を歩いたり人と会話する中で何かひらめいたときにも活用します。その場ではきちんと書きとめる余裕がないので、キーワードだけで十分です。とはいえ、キーワードのままおいておくのでは実際の仕事に生かすことはできません。そこで一週間に一回、土日の朝の時間を使って、大学ノートにキーワードを文章化する作業をしています。文章化を試みると、もやもやとしたアイデアがクリアになって、一過性の思いつきにすぎなかったのが、再現性のあるアイデアなのかがはっきりと見えてきます。

大坪勇二の名言|思いついたことはすぐに手帳に書き込む


レナード・コーエンという人がいて、彼は82歳で亡くなったんだけど、その前月に新しいアルバムを出したんです。亡くなる直前まで曲を作っていた。憧れますね。デヴィッド・ボウイもそう。ボウイは自分が死んでいくことをアルバムにした。すごいです。

田島貴男の名言|亡くなる直前まで曲を作ったアーティストに憧れる


ただ、ボーッと過ごしているだけでは、人生の転機にはならないと考えています。だから、ひとつひとつの出来事や出会いと真剣に向き合う。目の前のことを楽しむ。そして、周囲の方のアドバイスにしっかり耳を傾けるようにしています。

森山未來の名言|ひとつひとつの出来事や出会いと真剣に向き合う


弊社が工場を次々に海外に移した1988年ごろ、地元の諏訪地区には弊社との仕事が100%という企業もたくさんありました。そこで、あと3年で取引の割合を3割からゼロに減らし、他の取引先を開拓してくださいとお願いしました。これまで協力してくれた地域の会社に対し、社会的責任は果たさねばなりません。猶予期間を与えることが重要です。結果として多くの企業が弊社の時計から、自動車・航空などの他分野に幅を広げて、大きく力をつける転機となりました。

草間三郎の名言・格言|取引先の企業には事前告知を行う


大平(正芳・総理)さんなんかを遠くで見ても、やっぱり勉強していたよね。一橋大学卒でしたが、よく本を読んだりして勉強された。だから、哲学者の哲人宰相と言われるようになったでしょ。年をとってから良い顔になったよね? 顔に出てくるよね。だんだんと。歴代の総理ですごく男前で良い顔だったけど、今ひどい顔になった人もいる。顔に出るのだよ。

田村重信の名言|顔に出てくる


私は失意の20年に悲しむべき学問を身につけた。こんなことなら無知でいるほうがよかったといまでも思う。

ルソーの名言|こんなことなら無知でいるほうがよかった


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ