酒巻久の名言|それは正しい失敗で、成功につながるプロセスだ

その人なりに真面目に取り組んだ末の失敗を、会社や上司は責めてはいけない。それは正しい失敗で、成功につながるプロセスだ。

酒巻久 の経歴

酒巻久、さかまき・ひさし。日本の経営者。キヤノン電子社長。栃木県出身。芝浦工業大学工学部卒業後、キヤノンに入社。研究開発部門でVTR、コピー機、ファックス、ワープロ、PCなどの開発に携わり大きな実績を残す。その後、キヤノン電子社長に就任。経営改革でキヤノン電子の利益を5年で10倍にした経営者。主な著書に『椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!』『キヤノンの仕事術』『会社のアカスリで利益10倍! 本当は儲かる環境経営』『最新 情報漏洩防止マニュアル』『企業情報漏洩防止マニュアル』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

生活水準で勝ち負けを測らないことが重要です。こんな状況下において生活水準で幸福を測ろうとすることは、自分の不幸感を煽るだけです。それよりも家庭内での人間関係の向上に努めた方がいいでしょう。

視野の広い社長は、自社の利益のみならず、世の中全体を見ながら経営判断を下すことができる。

常に時間はたっぷりある。うまく使いさえすれば。

リーダーシップは上の立場の人だけが発揮するものではありません。地位や肩書きがなくても、下からリーダーシップを発揮し、仲間たちとコミュニケーションを取りながら、国や社会をより良くすることができます。

企画は一枚の紙に文章でまとめて上司に見せます。本当に伝えたいことは紙一枚で十分です。ここに上司を納得させられる要素をどれだけ詰め込めるかが勝負です。

人間産業であるサービス・流通業にとって、今後はES(従業員満足)が大きな指標になっていく。

成長するためには、広く浅く、色々な経験をするよりは、限りなく狭い範囲の仕事で、どこまでも深堀して考え、様々な失敗と成功を繰り返していく事が重要。

おそらく多くの人は情報をたくさん仕入れすぎるのではないでしょうか。もちろん情報は大切です。しかし、より重要なのはその見方、読み方です。

世の中のためになるというのは、お客さんたちが最終的にはいいのだというのが大切なこと。

将来に備えようと思えば、「自分自身が働いて稼ぐ」か「お金に働いてもらって資産を増やす」か、できることは大きく2つです。もちろん、働いて稼ぐことも大事ですが、それにしても体に負荷をかける分、体力や健康面でリスクはあります。そう考えれば、投資などにおいてもまったくリスクを取らないというのは難しいことだとわかるでしょう。

ページの先頭へ