糸井重里の名言|相互関係が築ければ、息の長いビジネスになる

作り手は作り手の誇り、買い手は買い手の誇りがあれば、作り手は買い手を満足させたいと必死になるし、買い手は作り手と商品を育てたいと思うようになる。そんな相互関係が築ければ、息の長いビジネスになると思う。

糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

差別化の最後の要素は、おそらく現場力になってくるのではないかと考えています。デジタル戦略と現場力の強化、その両方を進めていきたい。

西澤敬二の名言|差別化の最後の要素は現場力


フラットでない組織、人間関係の下では、情報は隠される傾向にある。隠された情報は愚痴になる。愚痴が溜まった結果、最後はスタッフが辞めていく。

星野佳路の名言|フラットでない組織、人間関係の下では、情報は隠される


自分なりに到達した答えは、考えることはお茶の作法や水泳の息継ぎのような「身体技術」であるということ。本を読んでできるようになるものではなく、訓練を繰り返して身につけるしかないと。

山本真司の名言|考えることは訓練を繰り返して身につけるしかない


いまは下にいる者の方が情報に精通しています。ITというのは本当にすごくて、組織の下が上よりも知るようになり、上が何も知らないバカだということを見抜いています。現場の情報を斟酌(しんしゃく)することに長けた偉いトップもいますが、経営トップの回転の遅いギアに、若手の高速回転のギアをつなげたって、ゆっくりとしか回れないのです。

平本清の名言|いまは上より下の者の方が情報を持っている


部下の残業が多いのは、上司が仕事量や効率を考えて、バランスを取ることができていない、つまりマネジメント能力が低いからです。ですが、そのことに問題意識を持つ人が非常に少ないのが現状なのです。

出口治明の名言|部下の残業が多いのは自分のマネジメント能力が低いといっているようなもの


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ