柚木治の名言|顧客視点を知る努力は永遠に続ける必要がある

客を知る努力は永遠に続けなければいけない。失敗の原因の第1は顧客の実態把握が甘かったこと。顧客視点を知る努力は永遠に続ける必要がある。

柚木治 の経歴

柚木治、ゆのき・おさむ。日本の経営者。ファッションブランド「GU」を展開する「ジーユー」社長。兵庫県出身。一橋大学経済学部卒業後、伊藤忠商事、GEキャピタル・コーポレーションを経てファーストリテイリングに入社。執行役員ダイレクト販売事業部長、エフアール・フーズ社長、GOVリテイリング(のちのジーユー)副社長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お金持ちの人生もいいと思うんですよ。でも、僕は親父に言われたことがあるんです。「金持ちよりも、夢持ち、人持ちの生き方をしろ」と。夢に挑み続ける生き方、そして仲間がたくさん集まってくる生き方、それを僕は目指していきたい。

大嶋啓介の名言|夢に挑み続ける生き方、そして仲間がたくさん集まってくる生き方、それを僕は目指していきたい


アイデアマンの場合、頭の中の引き出しに、一見するとムダとしか思えないような情報がたくさん入っている。引き出しの中には大草原が広がっていて、様々な情報が放牧されている。世の中みんなムダだらけ。ムダを愛し、ムダをたくさん集めた人がアイデアをジャンプさせる。

嶋浩一郎の名言|ムダを愛し、ムダをたくさん集めた人がアイデアをジャンプさせる


順風満帆という人は少数派で、誰もが悩みを抱えながら働いているのではないかと思います。上司に恵まれない。主流派から外れた。業界の先行きが不透明。そういった状況だとしても、ミドルと言われる年齢に達したのなら、自分で方向性を見出すことが必要です。

高杉良の名言|ミドルと言われる年齢に達したのなら、自分で方向性を見出すことが必要


今はキャリア形成の不確実性も高まっている時代です。個人の知はすぐに陳腐化し、資格を取っても安泰ではありません。大企業に入ったところで「寄らば大樹の陰」は通用しなくなってきています。

入山章栄の名言|寄らば大樹の陰は通用しない


失敗を恐れていたら国鉄民営化後に手掛けた新規事業が実を結ぶことはなかったでしょう。外食や流通の基本はスクラップ・アンド・ビルドです。「出店して駄目なら撤退すればいい」という思いきりが求められます。失敗に怖気づいていては前に進むことはできません。

石原進の名言|失敗を恐れず思い切ってやる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ