柚木治の名言|新しいことを始める時は、今ある常識を誰よりも勉強しなければいけない

新しいことを始める時は、今ある常識を誰よりも勉強しなければいけない。業界の実態把握し、常識を誰よりも知り抜いてこそ覆せる。

柚木治 の経歴

柚木治、ゆのき・おさむ。日本の経営者。ファッションブランド「GU」を展開する「ジーユー」社長。兵庫県出身。一橋大学経済学部卒業後、伊藤忠商事、GEキャピタル・コーポレーションを経てファーストリテイリングに入社。執行役員ダイレクト販売事業部長、エフアール・フーズ社長、GOVリテイリング(のちのジーユー)副社長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

頼みごとを聞いてもらうためには、ロジカルな側面と、相手の心情に寄り添う感情的な側面との両方を意識しつつ、相手の性格やそのときの状況に合わせて、柔軟に対応することだ。

櫻井弘の名言|頼み事を聞いてもらうために必要なこと


週刊連載で鍛えられたのは、一週間分、19ページで読者にひとつのアイデアを伝えるというコツかな。たくさん詰めても読者にはわからない漫画になってしまうから、ひとつでいい、と若いころに編集者に言われてから、いまでも月刊でも大きい見せ場は1回にひとつです。最後のページではさらに人物や状況がパワーアップして「……どうなるんだ?」と引っ張るのが、基本ですね。人間賛歌やルネサンスをテーマにしているので、生命力のある線で絵を描くことは相当意識しています。

荒木飛呂彦の名言|一度にたくさん詰め込まないことの大切さ


機能・性能だけで選ぶ時代は既に終わり、自分の共感できる理念や応援したいと思える会社が選ばれる時代になった。

岩瀬大輔の名言|自分の共感できる理念や応援したいと思える会社が選ばれる時代になった


今期から昼ご飯を食べずに6時間、集中して働く体制に変えました。8時間労働に縛られ、ダラダラ働く習慣が世の中に蔓延していると常々感じていました。残業を減らそうという動きがありますが、そもそもネガティブで革新性がありません。無駄を省き、集中力を発揮すれば、3時間労働ですらいいと思っています。私たちは働き方そのものを変える会社を目指しています。

前澤友作の名言|働き方を変える会社を目指す


80年あまりの人生をふり返ると、戦争を含め、天災、人災いろいろな災難に遭ってきました。でも一つ言えることは、私はそれらの災難をみんなバネにしてきたということです。

鍵山秀三郎の名言|災害をバネにする


少しでも心の距離を縮めるために、僕が最初に行なうのは、相手に言いたいことを話してもらうことです。犯人と思わしき疑惑の人物や、迷惑行為をしている人に対しても、その言い分を聞きます。たとえば、道路にはみ出すほどの「ゴミ屋敷」の住人には、「あなたのせいで迷惑している」などとは言わず、「なぜゴミを溜め込んでいるのですか?」と理由を尋ねるのです。すると「これはゴミじゃない」「囲まれていないと不安だ」などと、言い分を話してくれます。

阿部祐二の名言|心の距離を縮めるには、相手の言い分を聞く


もっと手を打っておくべきだったという人もたくさんおられますけれども、そのときには一生懸命考えてやっていたわけですから、想定外というのはあり得る。問題は、その想定外のことが起こった後、どういう手を打つのかという問題だと思う。

稲盛和夫の名言|問題は、想定外のことが起こった後、どういう手を打つのか


株で失敗する人は多いけれど、みんな明日の夢ばかりを買いすぎるのが原因だと思います。だからケガをする。多くの人がみんな夢ばかりを追うので、夢のない会社の株は、本来の内容に比べて圧倒的に安い値段で叩き売られる。それがいまの日本です。だけど世間の人がどう思おうと、割安で買える株があるなら、僕は黙ってそれを買うだけです。

竹田和平の名言|株で失敗する人は多いけれど、みんな明日の夢ばかりを買いすぎるのが原因だと思います


一足飛びの成功はありえない。毎日、少しずつ前進していけば、いつか成果を収めることはできる。

柳井正の名言|一足飛びの成功はありえない


水泳でも、いちいちこうやったら泳げるとは考えないですよね。どんな物事でも圧倒的な下積みや基礎の練習をこなせば、身体化されてくる。頭も体もフルに使った圧倒的な経験の中で「身体化」されてくる。

小笹芳央の名言|圧倒的な下積みや基礎の練習をこなせば、身体化されてくる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ