寺町彰博の名言|常に先頭を走り続けるためにも自分たちで新しい道を進んでいく

2番手以下のメーカーは、先頭を見ながらついていけばいいかもしれませんが、我々はそうはいかない。常に先頭を走り続けるためにも自分たちで新しい道を進んでいく。

寺町彰博 の経歴

寺町彰博、てらまち・あきひろ。日本の経営者。機械メーカー「THK」社長。慶應義塾大学商学部卒業後、大隈鉄工所(のちのオークマ)を経てTHKに入社。甲府工場長、取締役、常務、副社長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

言葉でなく、行為で自分を褒める方法もあります。それは人が見ていないところで善行をすること。陰徳を積むと、「俺ってなんていい人間なんだろう」と自信がつくでしょう。つまりそれが自分で自分を褒めるということなんです。

加藤俊徳の名言|陰徳を積むことは、自分で自分を褒めることになる


言うべきときは言います。私は皆が見ている前で厳しいことを言います。同じ間違いをしてほしくないからです。その後は子供を叱った後と同じ気持ちでしっかりフォローします。「今日の会議では厳しいことを言ったけれど、含むところはない。今日のテーマはあなたが得意な分野ではなかったが、他の分野ではあなたにいくつも教えられているんだ」と言えなければいけません。

数土文夫の名言・格言|人前で叱り、あとでフォローする


会社を辞めるとか、辞めないの判断よりも先に体が動いていたんです。もちろん会社の同僚や先輩に止められました。でも、会話が噛み合わないんですよね。「危険だぞ」「何が危険ですか?」「飯、食えなくなるぞ」「そしたら、死にますか?」って。僕が真剣に返したら、先輩も「死にはしないな、日本なら。バイトすればいいし、実家もあるんだろ」と。その瞬間「死なないんだ!」と安心して、会社を辞めるのを決めました。

武田双雲の名言|先に体が動いていた


人のために何かをすることがロマンだと思います。私の場合は「日本人のために豊かな暮らしを提供したい」ということですね。このロマンを持ったことで、私の人生は大きく変わりました。

似鳥昭雄の名言|ロマンを持つことで人生は大きく変わる


過去の成功事例に縛られたり、固定概念や先入観にとらわれてしまうのではなく、何のために始めたのか、顧客は誰なのか常に自問自答し、疑問があれば周りのクルーと議論しつくすことも必要です。疑問を持たぬまま、また疑問を持ったまま解決せずに進むことはとても危険です。

宇佐美進典の名言|疑問を持たぬまま、また疑問を持ったまま解決せずに進むことはとても危険


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ