丹羽宇一郎の名言|人は集団になるとたやすく狂う

人は集団になるとたやすく狂う。判断力を失う。そして、深い禍根を残す。

丹羽宇一郎 の経歴

丹羽宇一郎、にわ・ういちろう。日本の経営者、外交官。伊藤忠商事会長。愛知県出身。名古屋大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。食料第二本部長心得兼油脂部長、業務部長、取締役、常務、専務、生活産業グループ統括役員兼食料部門長、副社長、経営企画担当役員兼海外・開発担当役員兼生活産業カンパニー管掌などを経て社長・会長。主な著書に『まずは社長がやめなさい』『人は仕事で磨かれる』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世界マーケットを見て戦うには、世界を見るレンズをたくさん持っていないといけない。技術的なレンズ、政治を見るレンズ、いつもメガネをかけ直さないと。近くだけでなく、遠くも見る。

程近智の名言|世界を見るレンズをたくさん持っていないといけない


教科書に書いてあったり、一般的に言われたりしていることをそのまま鵜呑みにし、お行儀よく「枠」に収まっている限りは、自分の血肉にはなりません。疑問を持って調べ、「枠」から出る。筋力トレーニングと同じで、その繰り返しが教養を高めてくれるはずです。

アレックス・カーの名言|教養を高めるには


問題解決の際に有効なのが、次の3つのステップで考えること。

  1. 拡大思考……問題の原因や解決策をできるだけ多く出す。
  2. 分割思考……出てきた意見やアイデアを整理して絞り込む。
  3. 俯瞰思考……問題解決のために行うべきことの全体像を俯瞰したうえで、実行計画を立てる。

横田伊佐男の名言|問題解決の際に有効な3つのステップ


コミュニティ維持のコツは「ゆるやかにつながること」だと思います。毎週のように会うよりも、たまに顔を合わせる、フエイスブック上で近況を知る、くらいで十分。そんな関係を数年間続けていくうちに、お互いに困ったことを相談し合えるような人間関係ができる。あるいは、その中から新しいビジネスが生まれたりするのです。こうした関係はまさに一生モノです。

大田正文の名言|コミュニティ維持のコツ


会社が大きくなると、ある人はカメラの一部、ある人はガラスというように分業化されて、自分が何をつくっているのか見えづらくなります。私はそれを「冷たいものづくり」って呼んでいますが、そうやってできたものはすぐ飽きられて捨てられがちです。それはやっぱり悲しいので。

中澤優子の名言|分業化の弱み


この仕事、やっぱりひりひりした中でやる方が、達成感もありますから。「今日はちょっとどえらい汗かいた」という日は、それがいい汗だったり、悪い汗だったりしても、結局、心地いい。すべり倒した時は落ち込みますけど、ピリピリした空間にいられることが幸せですから。

岡村隆史の名言|ピリピリした空間にいられることが幸せ


相手を刺激する不要なケンカは仕掛けない。それが結果的に自社のシェアを守ることにもなります。

小林一雅の名言|相手を刺激する不要なケンカは仕掛けないことが大切


できるバンカーほど、その深い経験に基づく意見を、簡潔なポイントで伝えてきます。

戸塚隆将の名言|できるバンカーほど、その深い経験に基づく意見を、簡潔なポイントで伝えてきます。


のんびり構えていられる状況じゃないんですよ。日本の工芸産業の市場規模は、ピーク時の2割以下にまで落ち込んでいます。ただ座しているだけだと、死を待つのみですから。

中川政七の名言|ただ座しているだけだと、死を待つのみ


厳しい時代だからこそ経営者は時流を読み、決断し変わらなければならない。

大橋俊夫の名言|厳しい時代だからこそ経営者は時流を読み、決断し変わらなければならない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ