鈴木博之の名言|うまくいかなければ、また新しいアプローチをすればよいのだという気風を醸成することが大切

「やってみなはれ精神」で取り組み、うまくいかなければ、また新しいアプローチをすればよいのだという気風を醸成することが大切。

鈴木博之(経営者) の経歴

鈴木博之、すずき・ひろゆき。日本の経営者。「丸一鋼管」社長・会長、「関西経済同友会」代表幹事。大阪府出身。東京大学工学部卒業後、住友商事を経て丸一鋼管に入社。アメリカ事務所長、取締役、常務、専務、副社長、社長、会長を務めた。また、関西経済同友会代表幹事を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

弊社の日用品の製造業には、製品の本質に由来するひとつの特徴がある。サービス業とは異なって、一人当たりGDPが1000ドルを超えれば生理用品が売れはじめ、3000ドルを超えるとベビー用紙おむつが普及の成長期に入るといった、国内事業で培った「モノサシ」が海外にもそのまま通用するのである。従って、海外展開の勝負どころは、その国のGDPレベルが一定のラインに達して製品の普及が始まった瞬間、すなわち製品のライフサイクルの成長前期に、確実に、そして効率的に果実をとりに行くことに尽きる。

高原豪久の名言|過去の培ってきたデータが役に立つ


済んだことは済んだことで、愚痴を言っても始まらない。愚痴を言えば前に進む力が減るだけでしょ。だから、愚痴を言うのは大嫌いなんです。愚痴や泣きごとを言う人も大嫌い。

小野田寛郎の名言|愚痴を言えば前に進む力が減るだけ


重要なのは、どうやって再発を防ぐか、その対策を具体的に提示することだ。しばらく時間を置いてでも、必ず考えた方がいい。

齋藤孝の名言|再発防止の具体案を考えることの大切さ


お金持ちは5年後、10年後、20年後の将来を見据え、ポジティブな自分であろうとする。一方、お金に好かれない人たちは、今日、明日のこと、来月のことを考えるので精一杯という状態になる。

新井直之の名言|お金持ちは将来を見据える


噂が社内に広まっていることをつかんだ段階で、会社サイドはその真偽の調査に必ず入ります。もし、事前に自分に関する放置できない噂が流れていることに気がついたら、信頼できる上司などにすぐ相談することが大切です。でないと、一方的な人事評価ダウンや左遷・降格などの冤罪を被ることもあります。

江良俊郎の名言・格言|自分に対する悪い噂が立ったら、先手を打って上司に相談する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ