鈴木博之の名言|うまくいかなければ、また新しいアプローチをすればよいのだという気風を醸成することが大切

「やってみなはれ精神」で取り組み、うまくいかなければ、また新しいアプローチをすればよいのだという気風を醸成することが大切。

鈴木博之(経営者) の経歴

鈴木博之、すずき・ひろゆき。日本の経営者。「丸一鋼管」社長・会長、「関西経済同友会」代表幹事。大阪府出身。東京大学工学部卒業後、住友商事を経て丸一鋼管に入社。アメリカ事務所長、取締役、常務、専務、副社長、社長、会長を務めた。また、関西経済同友会代表幹事を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業文化を醸成するには、会社の社会的な存在意義と価値観を明確に定め、そのプロセスにできるだけ多くの社員を巻き込むことが大切。

石塚しのぶの名言|企業文化を醸成するには


私がおじいちゃんに喜んでもらえるロボットを作ろうとしたり、女子高生にバカ売れするロボットを作ろうとしても、確実に失敗します。なぜなら、私がおじいちゃんでも女子高生でもないからです。必ずトンチンカンなロボットを作り、誰もハッピーにはなれない。それよりも、自分自身の感性を基準に、面白いと思える仕事をするようにしています。すると、実は同じような感覚を持った人が多くいて、支持してもらえるのです。それこそが、純粋な創造性につながります。

高橋智隆の名言|自分自身の感性を基準に、面白いと思える仕事をすることが大切


私はほんとに素人から会社を始めました。そして、会社を大きくしていくうえで、朝礼、とくにスピーチの重要性に気が付いたのです。社員が少なかったころは、スタッフを集めて話をしなくても、十分にコミュニケートできました。しかし、人数が増えていくにしたがって、自分の口から問題点や方向性を話さなきゃならないと感じたのです。

志村なるみの名言・格言|社員が増えてきたらスピーチが重要になる


私はよく船に例えます。創業時はジェットスキーのようなものでした。それがモーターボート、クルーザーへと大きくなってきました。昔は自分で舵を切っていたのが、徐々に船長として指示を出すようになりました。今はたくさんの人を乗せて海を航海するフェリーのようになっています。仕事も役割も変わってきます。しかし、私は社長経験があるわけではなく、初航海です。確固たる正解があるわけではない中で「一緒に会社を作っていこう」と呼びかけながら、試行錯誤を繰り返していました。

吉松徹郎の名言|「一緒に会社を作っていこう」と呼びかけながら、試行錯誤を繰り返してきた


出店を断るブランドもあります。いい商品のみ取り扱うという軸はブレません。

前澤友作の名言|軸をぶれさせない


ただがむしゃらに努力を重ねればいいというものでもありません。努力するなら「報われる努力」をすべき。「自分はどんな方向で、どんな努力をすべきなのか」考えてみてください。いわば、戦略的な努力です。夢の期限を設けた場合もそうですが、努力する方法を考え直した時、「向かうべき道」を変える結論に達することもあるかもしれません。そしてそれは、より楽しく豊かな人生を送るために必要な決断になることでしょう。

弘兼憲史の名言|努力するなら「報われる努力」を


言葉は国同士で壁があるけれど、実はビジュアルだって、決して世界共通じゃないんです。

佐藤可士和の名言|ビジュアルも世界共通ではない


私はコミュニケーションの専門家として、化粧品、保険、不動産など、さまざまな分野のセールスのプロに講演をさせていただくことがよくあります。そこでいつも感じることですが、売っている人ほどしゃべらない。ペラペラしゃべるよりも、お客様をしっかり観察して、話を聞いて、何を求めているかを受信することのほうが大事だということを知っているからでしょう。

竹内一郎の名言|売っている人ほどしゃべらない


年齢を重ねれば個体差もでてくるし、価値観もそれだけ多様になってくる。定年をはじめとする企業が定めた人事制度は、高度成長期時代に確かに機能してきた。だが、もはや多様な社員の人生を一律の考え方に当てはめる時代ではなくなりつつあるのではないか。

鈴木茂晴の名言|多様な社員の人生を一律の考え方に当てはめる時代ではなくなりつつある


挑戦には何が必要か。安定した事業環境です。収益状態が悪くては、とても試行錯誤なんてできません。

碓井稔の名言|挑戦に必要なもの


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ