鈴木博之の名言|ベンチャーは失敗の積み重ねから生まれるもの

本来、ベンチャーは失敗の積み重ねから生まれるものです。仮に資金を提供するにしても、失敗の可能性を念頭に置いて出資する度量も必要でしょう。

鈴木博之(経営者) の経歴

鈴木博之、すずき・ひろゆき。日本の経営者。「丸一鋼管」社長・会長、「関西経済同友会」代表幹事。大阪府出身。東京大学工学部卒業後、住友商事を経て丸一鋼管に入社。アメリカ事務所長、取締役、常務、専務、副社長、社長、会長を務めた。また、関西経済同友会代表幹事を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

特別、奇をてらったことは何もしていませんが、誠意と情熱をもって社員に接してきたつもりです。

岩本哲夫の名言|誠意と情熱をもって社員に接する


上司が困っていたら、さりげなくフォローするといい。実際、自分が上司になってみると、そっと手を差し伸べてくれる部下には心から感謝する。その部下を大事に扱うようになる。

曽根原容子の名言|上司が大切にしたくなる部下の特徴


正直、数字にはあまりこだわっていません。企業にとって重要なのは、自分たちがやりたいことをやって、それで社会に貢献すること。大きくなくても、自分たちが絶対的に自信を持てる事業をしているかどうかが大切。

濱逸夫の名言|企業にとって重要なのは、自分たちがやりたいことをやって、それで社会に貢献すること


賃貸住宅の敷金や原状回復義務についても、従来の慣習に疑問を唱える声が上がり、徐々に変わってきました。海外と比較してあまりに逸脱しているような悪しき慣習は直した方がよく、みんなが少しずつ努力して変えていくべきものだと思いますし、我々もそこに参加していきたい。

岩野達志の名言|悪しき慣習は直した方がよい


仕事の楽しさが味わえ、ポジティブな自己認識が持てるようになれば、人は自分の未来を組織の未来に結びつけて考えることができるようになり、ひいては、組織に対するロイヤルティが高まる。

田中雅子の名言|組織に対するロイヤルティを高めるには


努力して頑張って、事業で成功して、お金を得て、いい家に住んで、うまいもん食って、そんなものにこだわるのはやめたほうがいい。人間は、いつか必ず死にます。例えば、死を目の前にした人は、金も名誉も地位も、何もいらないと言うでしょう。そんなものよりも、人の温もりや優しさが大切に思えるはずです。そして、それをくれた人に対する感謝の気持ちが大切に思えるはず。

古市忠夫の名言|富や地位や名誉よりも、人の温もりや優しさを大切に


安定感こそが一流のビジネスマンの最大の条件。納期やアポイントも同じです。約束にほんの5分遅れただけで、実害がなかったとしても、周囲には不安感をまき散らすことになります。こういう小さなことに配慮できない人は、まず成功しないでしょう。

猪瀬直樹の名言|安定感こそが一流のビジネスマンの最大の条件


結果的に冒頭部分を最後に書くことになっても構いません。無理して最初から書き出すより、ずっと早く文章が完成するはずです。

鎌田浩毅の名言|文章は無理して最初から書く必要はない


これから問われるのは「販売の質」。顧客の業務を知り抜き、最適な改善策を提案することが全世界で求められている。

栗原博の名言|顧客の業務を知り抜き、最適な改善策を提案することが全世界で求められている


僕にとってのデザインの完成形は、コンピュータの画面の上で何度もいじっているうちに、偶然見つけたという場合が多いと思います。だから、時間をかければ、基本的な質も高くなる上に偶然に出会うチャンスも高まるというわけです。

中村勇吾の名言|時間をかけることの利点


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ