角居勝彦の名言|運を引き寄せる秘訣は、負の要素をできるだけ潰すこと

運を引き寄せる秘訣は、負の要素をできるだけ潰すことでしょうか。毎日これだけやれば成功というのがない世界ですから。

角居勝彦 の経歴

角居勝彦、すみい・かつひこ。日本の競馬調教師。石川県出身。一般財団法人ホースコミュニティ代表理事。高校卒業後、グランド牧場、JRA競馬学校、調教助手などを経て調教師免許を取得。最多賞金獲得調教師賞、最多勝利調教師賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

雑談で欠かせないのは「自己開示」をプラスした話題を提供することです。雑談といってもプロフィールや情報の交換をしているだけでは、相手との関係性は発展しません。相手に心を開いてもらうには、「まず自分から」が基本です。自分がどう考え、感じているかを相手に伝える。それによって相手も開示しやすくなり、共通点も見つかりやすくなります。

梶原しげるの名言|相手に心を開いてもらうには、「まず自分から」が基本


「節約だ」と思いながら行なうと気が滅入りがちですが、癖にしてしまえば、いちいち意識することもないので、ストレスも溜まらないでしょう。

和田由貴の名言|節約を癖にする


普段から部下のことをよく観察しておくことが大事です。それによって、同じ「大丈夫です」という返事を聞いても、声の感じから、「本音は不安なんだな」とか、「今日は自信がありそうだな」というようなことまで察することができるようになります。そうして、相手の気持ちや何を考えているのかを掴んだうえで、それに応じた話し方をすると、伝わりやすさは段違いに高まります。

平尾誠二の名言|普段から部下を観察する重要性


私は引っ込み思案な性格でもできるような話し方を自分なりに研究して、実践してきました。そのおかげか、次第に営業の場で話すのが怖くなくなってきました。話し方に工夫をしていなかったら、営業の仕事で成績を残すことはもちろん、いま行っている活動にたくさんの方から協力をいただくこともできなかったと思います。

和田裕美の名言|話し方を工夫することの大切さ


伝えたいことを短い時間で的確に話すコツとして、まず意識しておきたいのは、伝えたいことを「結論→根拠」の順番で話すこと。結論から話すことで、あなたの伝えたいことが一発で相手に伝わり、あとから根拠を言うことで説得力が出る。

大嶋祥誉の名言|伝えたいことを短い時間で的確に話すコツ


「DO」「KEEP」という2つの軸があって初めて英語力は高められるのです。学習の「実行」と「継続」です。

関口雄一の名言|英語力を高めるために必要なこと


理想は、実力に応じたステップを作って徐々に上らせること。十ステップくらい細かく分け、「いずれは十段目のような仕事をしてもらうから、そのために今は一段目をやってみよう」と伝えると意欲も出ますし、無理なく実力をつけていくことができます。

塚越友子の名言|実力に応じた仕事を与える


せっかく雇ったのだから、残業させて目いっぱい働かせなければ損だと考えるのは、その経営者が社員を会社の私物だと思っているからです。でも、それは違う。会社はあくまで労働力を買ったのであって、社員の、全人生を買ったわけではないのです。だから、「俺は1000人食わせている」なんて経営者がいうのは失礼だし、入社式で「おめでとう」というのもおかしい。たまたまその会社で働く契約が成立したからそこにいるだけであって、社員にしてみれば、自分の労働力をもっと高く評価してくれる会社があれば、そっちにいきたかったわけだから、おめでたくもなんともないのですよ。

宋文洲の名言|社員は会社の私物ではない


また新たなシーズンが始まります。「昨年よかったから今年もいい」わけではありません。気を引き締めて、今年もチャレンジャーとして戦いたい。

松井稼頭央の名言|気を引き締めて、今年もチャレンジャーとして戦いたい


普通の銀行は午後3時に窓口を閉めますが、りそなだけは2004年から午後5時まで営業しています。銀行が午後3時という速い時間にシャッターを閉めるのは、昔からおかしいと考えていたからです。旧国鉄時代の駅ビルにも、銀行がテナントとして入ってくれていましたが、すぐ閉まるので夕方には人の流れがとまってしまう。世間のサービス業の視点からみれば、完全にズレているなと当時から感じていました。

細谷英二の名言|おかしいと思えることを改善することの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ