畑村洋太郎の名言|何かが起こる前にあらゆる事態を想定して考え尽くすことが大事

事故や災害は進行の速度が早い。その場で考えて対処しようと思っても間に合わない。だから何かが起こる前にあらゆる事態を想定して考え尽くすことが大事になる。

畑村洋太郎 の経歴

畑村洋太郎、はたむら・ようたろう。日本の工学者、工学博士。工学院大学教授、東京大学名誉教授。専門は失敗学、創造的設計論、ナノ・マイクロ化工学、知能化加工学。東京大学大学院機械工学学科修了後、日立製作所に入社。数年間勤務したのち、東京大学工学部で助手、講師、助教授を経て教授。その後、工学院大学教授となった。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

避けなければならないのは、「目標○万店」のような目標を掲げたことで、意味合いが不明確なまま数字が一人歩きを始め、最後は数字のつじつま合わせに陥るパターンです。数値目標は達成できても店の質が低くなり、顧客の支持を失っていきます。

鈴木敏文の名言|意味合いが不明確な数値目標は良くない


当社にとってかけがえのない大切なものは、多くのお客様と社員、そして創業以来50年近くかかって形成してきた文化にある。

原孝の名言|大切なものは、多くのお客様と社員、そして創業以来50年近くかかって形成してきた文化


掛け合わせが大事。例えば、お笑い芸人として成功しようとするのは大変なことです。美容師で成功するのも、これまた大変。だけど、美容師の技術があって、そこそこ面白ければ、「お笑い美容師」と打ち出せる。

藤原和博の名言|掛け合わせが大事


苦悩があるから、成熟する。苦悩したからこそ、新しく成長できる。喪失、艱難(かんなん)、苦悩は、人に豊かなものを与えてくれる。

ヴィクトール・フランクルの名言|苦悩したからこそ、新しく成長できる


自分の力、さらには会社の力を超えた大きな仕事をしようとしても、それは多くの場合失敗に終わってしまうだろう。それでは企業本来の使命も果たせず、社会のマイナスにもなる。だから、そのような、その時々における自分の力の範囲で経営を行い、社会に貢献していく、いいかえれば、適正経営という考え方が極めて大切である。

松下幸之助の名言|適正経営のすすめ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ