北尾吉孝の名言|正しいやり方でやって初めてお客さんも周りの人も評価してくれる

正しいやり方でやって初めてお客さんも周りの人も評価してくれる。そうでないと必ずどこかで悪事が発覚するし、運も良くならない。

北尾吉孝 の経歴

北尾吉孝、きたお・よしたか。日本の経営者。「SBIホールディングス」CEO。兵庫県出身。慶應義塾大学経済学部卒業、ケンブリッジ大学経済学部卒業。野村証券海外投資顧問室、第二事業法人部次長、ワッサースタイン・ペレラ社常務(ロンドン)、野村企業情報取締役、野村証券事業法人三部長を経、ソフトバンク常務などを経てソフトバンク・インベストメント(のちのSBIホールディングス)社長。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

業績が右肩上がりだった時には部下を責めてばかりいました。部下から業務について問われると全部答えていた。ですが、従業員と一緒に成長しようと考えるようになりました。今は従業員全員に壁の乗り越え方を自分でとことん考え抜いてもらい、その過程を毎月リポートで報告してもらっています。自我よりも公のことを考えるように促しています。

吉川稻の名言|従業員と一緒に成長しようと考える


瞬間に判断するには明確な目的志向と判断基準が必要であり、私の場合、ラインを止めないことを最大目的に100%の確証はなくとも自分の責任範囲内で「6分正しい」と思ったら決断する。生産現場ではそのくらいの基準で判断して間違いなく回った。その権限を与えられていた。
【覚書き|福島の一眼レフ工場の課長時代を振り返っての発言】

内田恒二の名言・格言|6分正しいと思ったら決断する


さまざまなエコノミストが幸福に関する研究をあまた手掛けているが、幸せの多くは、社会生活の健全さにかかわっている。信頼できる良き妻や友人、知り合いがいるかどうかだ。

アルビン・ロスの名言|幸せの多くは、社会生活の健全さにかかわっている


心がけているのは、「自分の考えが正しい」とは絶対に思わないこと。「これがその選手のためになる」と思ったとしても、もしかしたらその考えは監督の独り善がりかもしれません。そうして他人の意見にも素直に耳を傾け、そのうえで「これで本当にいいのだろうか」と、自分自身に深く問いかけてから結論を出すようにしています。

栗山英樹の名言|「自分の考えが正しい」とは絶対に思わない


発信力を支えているのは受信力。人に伝達する能力が高い人は、情報を受け取る感度や観察力も高く、学んだことを常に活かしている。

竹内一郎の名言|発信力を支えているのは受信力


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ