安永竜夫の名言|仕事は一人称でなければならない

仕事は「WE」ではなく「I」、一人称でなければならない。そうしないと大きな仕事になればなるほど歯車の一部になってしまい、いつまでたっても自分の仕事ができませんからね。

安永竜夫 の経歴

安永竜夫、やすなが・たつお。日本の経営者。「三井物産」社長。愛媛県出身。東京大学工学部卒業後、三井物産に入社。プラントプロジェクト第二部室長、プロジェクト業務部長、経営企画部長、執行役員、機械・輸送システム本部長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

母はとても教育熱心で「能力ある人間は自らを磨き、世のため、人のために働かなくてはいけない」とよく言っていました。特に長男の私には、その思いを強く持っていたようでした。母自身もその生き方を実践していました。

菅谷定彦の名言|母の教え


考えた結果、商品としてのナイツが売れるとしたら、今時めずらしい「浅草の漫才師」というラベルでしか買ってもらえないだろうなと。そこで、落語芸術家協会にも入り、戦略的に活動の場もイメージも完全に浅草に寄せることに決めました。(漫才協会と落語芸術協会)2つの協会に入ったことで出演できる舞台の数がめちゃくちゃ増えるんですよ。そこから売れるかどうかは、本当にネタだけの勝負で。とにかく作りまくりました。

塙宣之の名言|自分たちの強みを明確にして戦略的に動く


「計画5%、実行95%」が私のモットーです。実行しなければ意味が無いのです。

松井忠三の名言|計画5%、実行95%


経営者の資質は普通にサラリーマンをやっていて身に付くものではありません。海外のボロボロの子会社社長など最高責任者に近い立場で、死ぬ思いをしなきゃだめ。理と情の間に挟まってきつい思いをさせるのです。苛烈で悲惨な戦線に30代から送り込む。従来のノンエリートコースが、エリート養成の最高の場所です。

冨山和彦の名言|従来のノンエリートコースが、エリート養成の最高の場所


大事なのは革新力だ。完全に自己否定しなくちゃならない。日本でセブンイレブンを作る時、当時はスーパーが伸びていたが、絶対にヨーカ堂のMD(マーチャンダイジング=商品政策)のマネをしてはいけないと思った。スーパーはこれから成熟期に入ると思っていたからだ。だからヨーカ堂の人間をセブンイレブンには持ってこず、素人集団でやってきた。

鈴木敏文の名言|完全に自己否定しなくちゃならない


僕は自分を72歳の若者だと思ってる。

坂本孝の名言|僕は自分を72歳の若者だと思ってる


38歳というのは経営者としては若く、未熟な部分もあるでしょうが、若さが強みになることもあります。体力だけはありますから、世界中を飛び回れるし(笑)。若さを弱みでなく強みに変え、精進していきたい。

安藤徳隆の名言|若さが強みになることもある


私は店長の仕事で、一番大切なのは部下に作業を割り当てることだと思っている。誰にどういった仕事を任せて、どういう成果を出させるか。本人に仕事のゴールをちゃんと自覚させているのか。そういったことを勘案して、1日あるいは1か月の仕事を割り振っていく。作業を割り当てるには、働く人の生活や立場を考えてあげなくてはいけない。例えば、従業員が小さな子供のいるお母さんなら、早く終わって家に帰れるようなシフトを組む。出社してきた従業員の顔を見て、体調が良くないようだったら、早退させて、他の人に仕事を割り振る。それが店長の役目でしょう。

柳井正の名言|作業を割り当てるには、働く人の生活や立場を考えてあげなくてはいけない


あなたは目の見えない市場という大きな塊を相手にしているのではなく、一人の人間と向き合っているということを忘れてはいけない。たとえ企業と取引をしている場合でも、担当者は人間です。彼らの人生を理解し、励まし、より良いものとするために、あなたのビジネスはあるのです。

ジェイ・エイブラハムの名言|一人の人間と向き合っているということを忘れてはいけない


男性と張り合おうとすると、評価はかえって得づらくなるもの。男性と同じ土俵に立たず、女性ならではの強みを活かすのが賢い方法です。

太田彩子の名言|女性ならではの強みを活かすのが賢い方法


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ