安永竜夫の名言|結果が伴わない仕事はお客さんやマーケットに評価されていないということ

数字だけにこだわるつもりはないですが、やはり結果が伴わない仕事はお客さんやマーケットに評価されていないということですので、数字にはこだわりたい。

安永竜夫 の経歴

安永竜夫、やすなが・たつお。日本の経営者。「三井物産」社長。愛媛県出身。東京大学工学部卒業後、三井物産に入社。プラントプロジェクト第二部室長、プロジェクト業務部長、経営企画部長、執行役員、機械・輸送システム本部長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

愛には年齢がない。それは常に生まれ続けるからである。

パスカルの名言|愛には年齢がない。それは常に生まれ続けるからである。


プレゼンは人の心を動かすためのものです。そのためには、「疑問を投げかける」→「結論を伝える」→「理由を加え、納得させる」の順番であることが必要です。ビジネスでは「結論を先に言え」と言われることが多いのですが、プレゼンで結論からいきなり入っても、聞き手からすれば、何の話をしているのかわかりません。結論の前に疑問を投げかけることで聞き手の興味をひき、次に結論で驚きを与え、最後に理由で納得を得るという順番で進めるのがよいでしょう。

下地寛也の名言|プレゼンは人の心を動かすためのもの


夫が家計を管理する場合、夫婦で価値観を共有することが大切。私たちの場合、事業を拡大して資産を作る、という目標を共有しているので、このスタイルが上手くいっているんです。おかげで、私も思い切った投資ができています。

午堂登紀雄の名言|夫婦で価値観を共有することが大切


やらなきゃいけない仕事をこなしつつも、ほかに何か面白いこと、やりたいことがあるなら、何よりもそれをやってみたらいい。

佐々木蔵之介の名言|やりたいことがあるなら、やってみたらいい


コマツは、世界各国での売り上げ構成のバランスが取れているので、どこかの国で調子が悪くても別の国で良ければトータルで業績を伸ばせるようになっています。販売価格を落とさずに、しっかり成長戦略に取り組んでいける。

大橋徹二の名言|売り上げ構成のバランスを取ることの利点


その都度自分に「越えられるか越えられないか」というハードルを課してきたことが、経営者への道につながったのだと思います。

岩田松雄の名言|その都度自分に「越えられるか越えられないか」というハードルを課すことが大切


人間はどんなときに「やる気」を出すのか。それは「報酬への期待を感じたとき」に尽きる、と言えます。

澤口俊之の名言|人間はどんなときに「やる気」を出すのか


目標がなければ、担当者の責任も全く追及されませんから、言いつ放し、やりっ放しになってしまう。

森田富治郎の名言|目標が大切


リフォームは20年ないし30年に1度しかやらないものです。だからこそ、お客様には最適な選択をしてもらいたい。当社や競合の商品を見てもらって、納得して選んでほしいのです。

張本邦雄の名言|お客様に納得して選んでもらうことの大切さ


何事も生命抜きには考えられません。生きているだけですでに満点。

田口佳史の名言|生きているだけですでに満点


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ