伊藤隆行の名言|自らの経験に基づいて世の中を分析できれば、独自の目のつけどころが見つかる

頭で考えるだけだと、人と似た着眼点しか見つかりません。一方、人の経験は千差万別。自らの経験に基づいて世の中を分析できれば、独自の目のつけどころが見つかるでしょう。

伊藤隆行 の経歴

伊藤隆行、いとう・たかゆき。日本のテレビプロデューサー。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、テレビ東京に入社。数多くのバラエティ番組を担当した。とくに深夜枠で挑戦的な企画を手がけることで知られている。著書に『伊藤Pのモヤモヤ仕事術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

できるだけターゲットを絞り込んで、小さな器に入れるための商品をつくる。するとやがて、その器から溢れるように消費が拡大していきます。ターゲットの明確な商品の方が、結果的に大きなヒットにつながる場合が多いのです。

魚谷雅彦の名言|ターゲットの明確な商品の方がヒットにつながる


外国人と話すときは、米国人や英国人とラテン系の方々では、相手の発言が終わってから自分が発言するまでの「間」が異なったりします。そうしたことに対する理解が大切です。

中村知哉の名言|「間」を理解する


若いうちに苦労をするべきです。あまり若いうちから成功しても、その成功は長くは続きませんから。若いうちに厳しい環境で鍛えられた方が転職をする時も有利です。いざと言う時、できるだけ多くの業界で活躍できるような力を付けておくべきなんです。若い時こそ、きつくて厳しいベンチャーに飛び込むのはいいことだと思いますね。

越智通勝の名言・格言|若いうちは厳しい環境で自分を鍛えろ


人間には生まれてくる順番はあっても、死ぬ順番はありません。誰がいつ死んでもおかしくないのだから、人の時間はもちろん、自分の時間も1秒たりとも無駄にすることは許されません。時間に対する緊張感は、命に対する緊張感なのです。

ジョン・キムの名言|他人と自分の時間を無駄にしない


厳しいといわれる日本の電機業界ですが、天動説じゃなしに、地動説で考えなあかん。電機業界とは、社会が生んだものです。社会が変わってきたら、業界は変わる、もしくはなくなるかもしれません。社会が変わったときに、自分の業界だけは変わらないという自分中心の考え方が天動説です。それでは「電機業界のままでどうにかしたい」という発想になる。これでは駄目です。地動説に基づけば、社会の変化に応じて商売も変えていくことが必要です。

佐々木正の名言|社会が変わったときには、業界も変わるということを意識することの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ