古屋大貴の名言|一般の消費者が何に興味を持っているのか知ることは、新たなアイデアを考える上でも欠かせない

私たちの商品を買ってくれるのは、おもちゃ業界の専門家ではなく一般の消費者。彼らが何に興味を持っているのか知ることは、新たなアイデアを考える上でも欠かせません。

古屋大貴 の経歴

古屋大貴、ふるや・だいき。日本の経営者。カプセル玩具メーカー「キタンクラブ」社長。埼玉県出身。玩具メーカー勤務を経てキタンクラブ(奇譚クラブ)を設立。「コップのフチ子」などの大ヒットシリーズを生み出した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

よく誤解されているおもてなしは「自分の最高」を提供すれば事足りると考えることです。行きつけの店に連れて行く。あるいは、自分が好きな食べ物やお酒を贈る。これは完全におもてなしの本質からかけ離れた行為。目的を履き違えています。相手を満足させることがおもてなしのゴールです。いくらお金と時間を使っても、相手に響かない結果なら、ただの自己満足。

林修の名言|相手を満足させることがおもてなしのゴール


たとえ今は若くても、経営者たるもの、やはりいつか引退することを念頭に置いて生きなければいけません。まして創業者は、退くと影響が大きい。

梅原勝彦の名言|若いときから引退を念頭に置いて生きる


日本は優秀な人が大企業に残る傾向があるから、自分はそこからはみ出た方が向いているだろうなとは思っていました。サラリーマンとしてやっていくというイメージはあまりなかったですね。

岩野達志の名言|自分に合った進路を選ぶ


トップが出した方針通りにものごとが進まないこともありますから、悪い方に行ったときに、ひょっとしたら、ここまで曲がるかと予想していて、最低、ここまでは手を打つ。それを割るならこうしようと考えておく。第一想定のところまで来たな、第二想定のところまで来たなと覚悟をし、何を発動すべきか考える。それは日ごろの準備がないとできません。

荒蒔康一郎の名言|どのような状況になったら何をするのか準備しておくことが重要


「モノ余り」の昨今、消費者は本当に必要なものしか買わなくなっている。それが、アパレルを中心とした百貨店の売上高の落ち込みに直結している。いわゆるモノよりもコトへの消費が増えたことで、「相当の価値があるもの」「心が動かされるもの」でなければ買わないというのは当然と言える。

大西洋の名言|「相当の価値があるもの」「心が動かされるもの」でなければ買わない


人間は闘うべき時に反射的に逃げ出し、解決すべき問題を先送りにしてしまいたくなる生き物だということを認識しよう。「牡牛を角でつかまえる」という古いことわざがあるが、その言葉が意味するように、今こそ恐れずに困難に立ち向かうべき時だ。

ロバート・キヨサキの名言|今こそ恐れずに困難に立ち向かうべき時だ


歌詞は世の中と自分の考えの「摩擦」から生まれるような気がします。社会に上手く溶け込んでいたらおそらく言葉って出てこない。だけど、そこで立ち止まって考えたことが言葉になっていくんだと思う。

山崎まさよしの名言|立ち止まって考えたことが言葉になっていく


部下に興味のない管理職は、明らかに業績が悪いことが多い。それもそのはず、自分に興味のない上司のために、部下も働こうとは思いませんよね。

川村益之の名言|自分に興味のない上司のために、部下は働こうと思わない


プロの技術にこだわるあまり、現代は商品やサービスが複雑になりすぎているように感じます。技巧を凝らした高級料理や配慮が行き届いた多機能家電は、いずれも熟練の技の結晶です。もちろんそれはそれでいいのですが、高度な技術が価格に転嫁され、結局消費者のニーズからかけ離れてしまっては意味がないでしょう。

萩原利男の名言|消費者のニーズからかけ離れてしまっては意味がない


じっとしているのも勇気。

勝田忠緒の名言|じっとしているのも勇気


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ