いっこく堂の名言|瞬発力が強い人ほど成功しやすい

独立したいと思ったら、すぐにすべきです。したいけど、どうしようなんて悩む人は、独立しないほうがいい。「したい! よし、やろう!」その瞬発力が強い人ほど成功しやすいと思います。

いっこく堂 の経歴

いっこく堂、いっこくどう。日本の腹話術師。神奈川県生まれ、沖縄県育ち。日本映画学校(のちの日本映画大学)卒業。「劇団民藝」で舞台俳優として活動したのち腹話術師に転身。文化庁芸術祭新人賞、浅草芸能大賞新人賞、ゴールデン・アロー賞芸能新人賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日常の細事を大切に処理しないで、どうして物事が成功するだろうか。

市場性が高いからといって、安易に参入すると、予想だにしなかった異業種企業をも交えた果てしなき消耗戦へと巻き込まれるっことになります。

仕事ができる人は、人を動かすことのできる人。言い換えれば、良い意味で「人たらし」であることが大事。そのためには話す内容などももちろん大事ですが、「見た目」も重要。

死なないかぎり、できることはまだたくさんある。自分の可能性や物事に秘められた本来の価値を実現しよう。一日を自分にとって、そして他の人々にとっても素晴らしいものにしよう。

女性にはもう少し自信を持って、あえて一歩踏み出してほしい。

兄(本庄正則)のすごいところは、人の育て方でした。年齢に関係なく、能力を見て思い切って権限を委譲する。そうやって人を育ててきました。

一度決めたら徹底的にやります。例外は一切ありません。

映画を作っていく前段階で、脚本のみを開発している期間があったんです。スタッフにも意見を聞いてプロット上の細かい問題点を洗い出し、それをクリアするためのアイデアを探っていった過程で、この物語にはこんな可能性があったのかと新たな発見を重ねていくことができた。

Jリーグがスタートしたとき、僕はすでに31歳。普通、サッカー選手で30代というと、あまりいいイメージがありませんよね。でも僕は、20代に5年間プレーしたドイツで、素晴らしい30代の選手をたくさんみてきていました。彼らは経験だけでなく、フィジカル(肉体)でも決して若手に負けていなかった。だから、年齢のことはあまり気にしていませんでした。それより、「サンフレッチェを勝たせるにはどうしたらいいか」ばかり考えていましたね。

役者に引退はありません。なぜ引退がないかというと、その年なりの役があるからです。だからみんな長生きしようと思うけれど、大体、引退しようと思っている手前で亡くなってしまうんです。

ページの先頭へ