いっこく堂の名言|「選んだほうが正解」だと信じる

ずっと自分を信じてやってきたし、それがどんな反応だったとしても、全てにおいて自己責任がいい。昔から、常に「選んだほうが正解」だと信じているので、いったん決めたら全く躊躇はしないです。

いっこく堂 の経歴

いっこく堂、いっこくどう。日本の腹話術師。神奈川県生まれ、沖縄県育ち。日本映画学校(のちの日本映画大学)卒業。「劇団民藝」で舞台俳優として活動したのち腹話術師に転身。文化庁芸術祭新人賞、浅草芸能大賞新人賞、ゴールデン・アロー賞芸能新人賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最近の若い人のように叱られると萎縮してしまうようなケースでは、ゴールまでの道筋を示し、役割を与えるサーバントリーダーシップも必要。時代や組織の成熟度によってもリーダーシップの形は変わる。

岩崎達也の名言|時代や組織の成熟度によってもリーダーシップの形は変わる


ストレスを抱える人が多いといわれる時代ですが、ストレスが生じる理由のひとつに、高望みしすぎるということがあるのではないでしょうか。バラ色のストーリーを描きすぎるということです。ものごとは9割方うまくいかないものだと考えればいいのです。うまくいかなくて当たり前だと思えばこそ知恵も出ます。A案が駄目ならB案、C案でと用意する。A案だけ考えて、うまくいくはずだと思うから、駄目だったときに打ちひしがれてしまうのです。

北尾吉孝の名言・格言|ストレスを感じないためには、ものごとは9割方うまくいかないという前提に立つ


単に技術が分かるだけではダメ。根源論を深く突き詰めるような姿勢が不可欠。それができないと、プリンシプル(原理原則)が定まらない。

松本徹三の名言|深く突き詰めるような姿勢が不可欠


初めてシリコンバレーに行ったときにアドビの創業者の息子さんに会いました。彼は社会を変革するというビジョンに向かって真っ直ぐに進んでいて、非常に衝撃を受けた。アメリカにはビジョンの力を信じている人がたくさんいるというのが僕の原体験で、いまでもアメリカで仕事をしてみたいという思いは強いです。

鈴木健の名言|アメリカにはビジョンの力を信じている人がたくさんいるというのが僕の原体験


デスクは作業する場であり、モノを置く場ではありません。デスクが作業する場なら、いろんなモノが視界に入ることで集中力や脳のパフォーマンスが下がるはずです。仕事の集中力を高めるためにも、デスクまわりは綺麗に片づけておいた方がいいと思います。

小松易の名言|デスクが散らかっていることで起きる弊害


会社は、大きくしたら無駄を整理するという作業を繰り返さなければならない。

瀬戸欣哉の名言|会社は、大きくしたら無駄を整理するという作業を繰り返さなければならない


変化に挑戦することは、変化を楽しむこと。どんな経験も、それは過去のもの。手放せたときに本当に活かされるもの。常に前に進んで行きましょう。

ロベルト・シンヤシキの名言|変化に挑戦することは、変化を楽しむこと


ある仕事で、「すごく意地悪」だと評判だった人がいました。「思っていることは、何でも話してください」という姿勢で聞き続けると、言葉の端々に「責任は取りたくない」という真意が汲み取れた。そこで、「こうすれば責任は避けられます」と、様々な解決策を示しました。相手が「リスク」というデメリットを心配しているのに、こちらが「売り上げアップ」というメリットを主張しても、相手との融合点は見つけられません。

土合朋宏の名言|相手の真意を汲み取って解決策を示す


飲食店はうまくいっているときはいいですが、リスクも非常に高い。だからこそ、初期投資は出来るだけ抑え、FCのように5~6年といった単位ではなく、1~2年で回収できるぐらいのスピードでやらないと、個人では怖くて独立できない。

矢田裕基の名言|1~2年で初期投資を回収できるぐらいのスピードでやらないと、個人では怖くて独立できない


チーム代表といっても、みんなそれぞれの道のプロだから、細かいことにまで口出しはしません。ドライバーの佐藤や井出にしても、自分で潰すべき課題はわかっているはずだから。それに、僕自身がドライバーだったから、そこまではいわれたくないというラインも理解しています。でも、スタッフ全員、本当によくやってくれています。

鈴木亜久里の名言|それぞれの道のプロに任せることの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ