佐藤誠治の名言|小さな規模が強み

2000人という小さな規模が、この時期においては本当に強み。全行員と2時間膝詰めでミーティングできるから。メガバンクでは考えられないでしょう。

佐藤誠治(経営者) の経歴

佐藤誠治、さとう・せいじ。日本の経営者。「東京スター銀行」頭取。香川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、東京貿易、三井住友銀行常務執行役員、三井倉庫ホールディングス取締役などを経て東京スター銀行頭取に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

商談でのヒアリングの際に、お客様とこちらの話す量は「8:2」。主にお客様に話していただくことが大事です。「それなら弊社の○○がお役に立てます!」と話を奪うのはNGです。ヒアリングも中途半端になり、お客様にもストレスを残します。ヒアリングの段階では売りたい気持ちはいったん忘れて傾聴に徹すること。そして問題点を客観的に分析する姿勢を持ちましょう。

太田彩子の名言|商談でのヒアリングでは傾聴に徹すること


「自分が大切にする価値観」は、難しい選択を迫られた時や、苦難に直面した際の道しるべにもなります。私が難しい決定を任された時、いつもこの「自分の価値観」とつなげて考えるようにしています。「勇気をどう発揮できるのか」「恐怖や心配から導き出される選択は何か」を、自分に問うのです。

ケリー・マクゴニガルの名言|苦難に直面した際の道しるべ


激動の経済社会において、事前に人間様が想定した枠の中で経営が収まるわけがない。想定外の事を経営する事が出来るから、企業の経営者であり国のリーダーなのである。

村口和孝の名言|事前に人間様が想定した枠の中で経営が収まるわけがない


理念に沿った基準で評価されるからこそ、社員は迷うことなくお客様を喜ばせる仕事に取り組める。

久保華図八の名言|理念に沿った基準で社員を評価する


日本人の英語への苦手意識を助長しているのが、いきなり難しいことを話そうとする傾向があることです。たとえば、不動産会社で働く人が自己紹介するとき、「不動産会社の物件管理部門で管理職をしています」と、日本語で聞いても理解しにくい専門用語を、そのまま英語で言おうとしてしまうのです。難しい単語を使わなくても、同じ内容を表現することは可能です。英会話で最も頻繁に使われる単語に限れば600語程度です。

新条正恵の名言|難しい単語を使わなくても、同じ内容を表現することは可能


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ