尾山基の名言|ふさわしい能力の人間がふさわしいポジションに就けばいい

私自身も中途入社です。社歴にこだわらず、ふさわしい能力の人間がふさわしいポジションに就けばいい。社内ではすでに多くの中途入社組が統括部長など要職に就いています。

尾山基 の経歴

尾山基、おやま・もとい。日本の経営者。アシックス社長。石川県出身。大阪市立大学商学部卒業後、日商岩井(のちの双日)に入社。同社にてナイキ・ジャパンの立ち上げに携わった後、アシックスに移る。ウォーキング事業部マーケティング部長、マーケティング統括部長、アシックスヨーロッパ社長、アシックス本社取締役、常務取締役、常務取締役海外担当兼経営企画室担当兼マーケティング統括部長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

デビューして20年以上経ちますが、ライブで新ネタをやる時は、未だに自分の鼓動が聞こえるほど緊張します。

田中直樹の名言|ライブで新ネタをやる時は、未だに自分の鼓動が聞こえるほど緊張します


コンプレックスや劣等感があるからこそ、自分を変えて、努力を積み重ねられる。

野村克也の名言|コンプレックスや劣等感があるからこそ、自分を変えて、努力を積み重ねられる


「いまどき、なぜ手書きのハガキなのか」とよく質問されます。それはやはり、デジタル化が進み、メールの文面や印刷された書類にすっかり慣れてしまった分、アナログで人のぬくもりが感じられるハガキの方が、個性が際立つからだと思います。手書きのハガキをもらって嫌な気分になる人はいません。ダイレクトメールは読まずに捨てても、手書きのハガキはたとえ字が下手でも必ず一度は目を通すはずです。

千田琢哉の名言|手書きのハガキの効果


自社の経営理念をこよなく愛し、自分の体の中に取り込んで仕事をしている社員が多いほど、企業は強くなると私は思います。

田久保善彦の名言|企業の強さ


企画を通すために根回しをするとき、意思決定者が一番上位の役職者とは限らないので見極めが必要です。担当役員を説得すれば企画が通ると思っていたら、じつは次長が仕切りのキーパーソンだったという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

西山昭彦の名言|決定のキーパーソンは一番上位の役職者とは限らない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ