野村克也の名言|一芸に秀でることが重要

一芸に秀でる。どの世界でも、プロとして生き残るためには、最も大事なことだと俺は思う。そして自分自身が一芸に秀でることも大切だが、上に立つ者は若手の一芸を見出す努力もし続けなければいけない。

野村克也 の経歴

野村克也、のむら・かつや。日本のプロ野球選手、監督。現役時代は南海ホークスの名捕手として活躍。通算成績2901安打、657本塁打を記録。引退後はヤクルトの監督として采配を振るい、同チームを日本一へと導く。その後、阪神タイガースやシダックス、楽天ゴールデンイーグルスなどの監督を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上司に聞く前に、自分がその上司だったらどういう答えを出すか、その答えをあらかじめ自分なりに考えたうえで、上司に聞いてみるといいと思います。もし、上司の答えが想定と違っていれば、なぜ違ったのかを考える。私は、阪急電鉄に勤めていた時代から、つねに、そのように考えることを心がけてきました。上司がどう答えるかを思い巡らせることは楽しいですし、なにより自分の勉強になりますね。言われることをただ聞いて、そのとおりにやっているだけでは、何の成長もありません。

腐らず愚直に仕事に取り組めば、それを評価してくれる人は必ずいるということを忘れてはいけません。

「緊急で大切なこと」から手帳に書く人が多いかもしれませんが、私はその逆です。自分の手帳は8か月先までたくさんの「緊急ではないが大切なこと」で埋まっています。たしかに、クレームやアクシデントへの対応など、緊急で大切な仕事を放置しておくことはできません。しかし、目の前の緊急な仕事ばかりを追いかけていては、現状維持がいいところです。目標になかなか近づくことはできません。

情報は手帳に一元管理しています。公私の区別なく書き込むのがコツです。

私たちのやっていることは旅行業ですが、家族やデイサービス、老人ホームなどの限られた人間関係の中だけで生活している要介護者に対して、社会とのつながりという感覚や非日常性を与えるお手伝い、ひいては家族全体を幸せにするお手伝いをさせていただいているものと自負しています。

人は生まれながらにして貴賤貧富の差があるのではありません。学問に励んだ賢人は、社会的に高い地位を得、経済的にも豊かになり、学ばなかった愚人は、貧しく、社会にも認めてもらえない人になるのです。

また会いたい人には、すぐ手紙を書きます。「この間名刺交換させていただいた内田です。是非またお会いしたいです」と。そして3日後には電話します。

僕はサプライズというものを非常に大事にしています。社会に驚きを与えたり、世の中にインパクトを与えたりすることで、人の意識が変わり、変革が起こると思うからです。

「入るを量って出を制す」とは言い古された言葉だが、まさに企業の基本として動かない戒めである。もし規制された予算通り実行できる企業があれば、その企業は必ず安定堅実である。

いい加減な人のほうが独学には向くのではないでしょうか。完璧にしようとすると、続けること自体が辛くなってしまいます。社会人である以上、急な予定が入ってしまうことは避けられません。自分を厳しく律することよりも、柔軟に対応できるくらいのいい加減さが必要なのです。

ページの先頭へ