楠本修二郎の名言|様々な意見を聞くことで、自分にない価値観が得られ、アイデアの幅も広がる

直感的にアイデアがひらめいたら、「どう思う?」と周囲の人に話してみます。様々な意見を聞くことで、自分にない価値観が得られ、アイデアの幅も広がる。

楠本修二郎 の経歴

楠本修二郎、くすもと・しゅうじろう。日本の経営者。カフェ・カンパニー社長。福岡県出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)、大前研一事務所、平成維新の会事務局長、マーシーズ副社長などを経てスタイルディベロップ、コミュニティ・アンド・ストアーズ(のちのカフェ・カンパニー)をそれぞれ設立。飲食店・物販店の経営、設計・企画プロデュースなどを行った。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「太古の昔より水底に眠り続けてきた世界に1つしかない材木で作ったテーブルで食事をする」というロマンに、数千万円程度のカネを出す金持ちは、世界を見渡せばいくらでもいる。

関文彦の名言|ロマンに数千万円程度のカネを出す金持ちは、世界を見渡せばいくらでもいる


振り返って思うのは、33歳での現役復帰は絶妙のタイミングだったということです。最初の現役のときは、無我夢中で周りを見る余裕がなかったし、とくにチャンピオンになってからは、「強いジャガー」のイメージを守ろうと自分を縛りすぎていたところがありました。でも、年齢を重ねると肩の力が抜けるんですね。2度目の現役生活は自然体で取り組め、新しい世界が広がりました。

ジャガー横田の名言|年齢を重ねると力が抜ける


当校の創立の精神は「自調自考」です。「何でも自分で調べて自分で考える」。人生で最も多感な時期にこれを繰り返すと皆、おのずと自我に目覚め、自らの方向を見つけていきます。それがまさに個性を尊重した教育だと自負しています。おかげで、近年は毎年数人が海外の大学に進学する傾向が定着してくる一方で、日本で評価が高い大学への進学実績も随分上がってきました。

田村哲夫の名言|何でも自分で調べて自分で考えることの大切さ


私がこれまで5つの会社をつくってきた経験からいうと、おそらく1000社起業したら生き残るのは数十社で、そのうちの5~6社がIPOするでしょう。どれほど優れたアイデアがあってもそれを事業として育成してIPOするのは極めて難しい。ですから、消費者や社会のために何としても役に立とうという姿勢がない限り、会社は生存できません。

千本倖生の名言|消費者や社会のために何としても役に立とうという姿勢がない限り、会社は生存できない


サントリーの創業精神とは、ほかにできない新たな価値に挑戦し、一生懸命つくっていこうというところ。そしてそれを広告宣伝などで、お客様に伝えていく努力をものすごくしてきた。だから、サントリーは新しいことができなくなったらダメになる会社。

新浪剛史の名言|サントリーは新しいことができなくなったらダメになる会社


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ