沢渡あまねの名言|本音を言い合うことで、結束力が高まる

本音を言い合うことで、結束力が高まる。業務の話をする中で、同僚や先輩からアドバイスをもらえることもあり、関係も以前より密になります。

沢渡あまね の経歴

沢渡あまね、さわたり・あまね。日本のキャリアコンサルタント、オフィスコミュニケーション改善士。日産自動車、NTTデータ、大手製薬会社などを経て「あまねキャリア工房」代表。著書に『システムの問題地図』『チームの生産性をあげる。業務改善士が教える68の具体策』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どんな分野においても、それ以外に脇目も振らず、全力を尽くした者だけが大成します。その意味で、全力をかけて生きている人間は強いものです

堀之内九一郎の名言・格言|全力で生きている人間は強い


注意したいのは、自分が安心できる立場を周囲に押し付けないことです。他人がそれぞれの合理性の中で特定の意見を選んだのであれば、それは尊重すべきだと思います。

川端裕人の名言|自分の意見を他人に押し付けない


逆説的ですが、自分が儲けるためには、パートナーであるお客さんが儲かる仕組みを考えないといけません。ここは大事な点で、普通なら自分を起点に儲けの仕組みを考えがちですが、実際はそれではうまくいかないんです。商売を長期にわたって続けようと思ったら、双方が儲かる仕組みをひねり出さないといけません。

岡藤正広の名言・格言|自分が儲けるために、お客さんが儲かる仕組みをつくる


15年ほど前に、当社の営業マンは名称を「お客様繁盛係」へと変更しました。当社の商品を扱ってくださる酒販店やスーパーマーケットといったお得意先様におおいに繁盛していただくようお手伝いするのが我々の仕事ということです。

山中勧の名言|特別な名前をつけ、やるべき仕事をより具体的にする


万人に適合する絶対的な勉強法はない。みなさんもすでに薄々お気づきでしょう。巷には勉強法の書籍が溢れていますが、それを読んだ全員が大変身、などという話は聞いたことがありません。性格や志向、興味の対象などによって、自分に合った勉強法はそれぞれ違うのです。

坪田信貴の名言|性格や志向、興味の対象などによって、自分に合った勉強法はそれぞれ違う


知識やスキルの習得は、組織で仕事を進めていく上で欠かせません。しかし、スキルを数多く学べばさまざまな変化に対応できるかというと、学ぶだけではむずかしいと言えます。学びを智慧(ちえ)に変え、現実の場面でどのように活かしていくのかということを大所高所から見極め、自分なりに考え、行動に移していかなければなりません。

倉田きたみの名言|学びを智慧に変えることが大切


若いうちに苦労することを避けちゃいかん。肉体的にも精神的にも耐えられるのは若いうちだ。若い時にキレイな仕事に就いているより、苦労の多い、人の嫌がる仕事をしてきた方が、幅のある人間になる。だから、大いに頑張ってほしい。

本田宗一郎の名言|苦労の多い、人の嫌がる仕事をしてきた方が、幅のある人間になる


私が社長になったばかりの頃、あるお客さまのところにご挨拶に行き「とにかく良い空間を作ります」と申し上げましたら、先方から「良いのは当たり前。求めているのは短い納期です」と言われました。早く仕上げて少しでも売上げを上げる。私はそれまでずっと文化空間の分野を歩いて来た人間なので、比較的長いスパンでの案件対応が多かったのですが、ビジネスの時間の流れがますます早くなっていることに対応しなければと改めて再認識したんです。

青田嘉光の名言|ビジネスの時間の流れがますます早くなっていることに対応しなければ


安い服をいかに安物ではないように見せるか。ネイルをいかに普通よりも長くもたせるか。これは仕事も同じ。限られた時間でいかによい結果を出すか。その算段を考えて実行するのが、楽しみです。

小室登子の名言|算段を考えて実行するのが楽しみ


無人店舗だからといって、「投資用として洗濯機を並べるだけ」という姿勢では、あまりにも血が通っていませんよね。確かに店舗は無人かもしれませんが、お客様も経営する側も同じ人間です。どうやったらよりお客様に喜んでいただけるかを考え抜いて初めて対価を頂戴できるわけですから、もし「仕組みがいいのだからからどうせ儲かるだろう」と考えている人がいたとしたら、それは驕りでしかありません。

三原淳の名言|どうやったらよりお客様に喜んでいただけるかを考え抜いて初めて対価を頂戴できる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ