伊藤忠兵衛(初代)の名言・格言|商人は機敏であれ

商売人にとって重要なことは、機敏なことである。
【覚書き|長州戦争時に戦地で衣料品の需要が高まるだろうと考え、下関に命懸けで荷物を運ぶなど、スピードと行動力で伊藤忠は富を蓄積していった】

伊藤忠兵衛(初代) の経歴

伊藤忠兵衛(初代)、いとう・ちゅうべえ。伊藤忠の創業者。近江彦根で麻木綿商を営む農家に生まれる。16歳のときに初めて出た行商で商売の面白さに気づき、以降商人として活躍する。何度も苦境を乗り切り、戦後最大の商社となった伊藤忠の基礎を築いた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

得意先が現金を積み上げて店の前に行列を作った。しかし、父は昔からの取引先を最優先し、原価すれすれの値段で快く商品を渡していた。父は「戦後の混乱などアブクのようなものだ。そんなもんに目がくらんでは駄目だ」と周囲の声に耳を貸そうとしなかった。

黒田暲之助の名言・格言|あぶく銭より得意先の利益を


命まで取られへん。駄目ならやり直せばいい。
【覚書き:陸軍の過酷な訓練を経験し、どんなつらい状況でも耐えられるようになったことについての発言】

鬼塚喜八郎の名言・格言|殺されることはないのだから失敗を恐れずに思い切ってやれ


叔母さんの教育は「貧乏は駄目だ。とにかく出世しなければ」という思想だった。貧すれば鈍するということを身に徹して思い知らされているらしかった。「貧乏していたら、まず第一に誰にも頭が上がらないじゃないか」ともいっていた。それが近江商人の考え方で、私たちは朝から夜中まで、この思想でビシビシと鍛えられた。とにかく我武者羅に勉強させられ、将来の栄光のために現在の困苦に耐える鍛錬を積んだことは、のちの生涯のためにどれだけ役に立ったか計り知れないものがある。
【覚書き|旧制中学時代、5年間叔母の家で生活していたときを振り返っての発言】

石田退三の名言|叔母から受けた鍛錬が役に立った


「困難なことは頭からするな、非常に成功の邪魔になる」という人がある。しかし、決してそうではない。人間というものは、困難なことに遭えば遭うほど、ますます新しい力が出てくるものだ。

ジョン・ワナメーカーの名言・格言|困難に遭えば、人は力が出て来る


商人はあくまでお客様の代理業。当面は自分が損するしかない。

貞末良雄の名言|商人はあくまでお客様の代理業。当面は自分が損するしかない。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ