ビル・ゲイツの名言・格言|デジタル経済ではスピードこそ企業の命

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタル経済が今後さらに発展し、スピードこそが企業にとって最も重要になる。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

可能性というのは空想が限界域です。だから可能な限り大きなデザインを描かなければならない。

私は社会そのものが街の大通りだと考えている。胸を張って歩けば自信を持って生きていると周囲に映り、下を向いて歩いていれば仕事がうまくいっていないのだと映る。声が小さければ不健康だととられる。

日本人も、すでに日常的にフェイスブックやGメールを使っています。それらを問題なく使っているのだから、日本のユーザーのために日本っぽくする必要はない。そこは間違えてはいけないと思います。

「和」とは本来、自立した個が協調することを意味しますが、それを「みんな同じ」にすり替えてきた近代の日本で、真に個性的な人間がエリートになることなどありえません。彼らが個性を発揮して人生一発逆転を目指すとしたら、起業が残された数少ない道のひとつです。

クレームの相手が感情的になっている理由を謝意を表したうえで、「今回の問題では、どこを一番重要視されているのでしょう。よろしければご教授願います」と、率直に聞いてしまう手もあります。依頼者が激怒した理由が自分たちのミスにあれば、全力で最善の策を練り、ミスが起きた原因と具体的な改善策を挙げるべきです。

初の大卒女子として旭化成に入社して数年後、キャリアパスの先が見えなくなりました。自分で自分を教育して専門性を身に付けるしかないと思い、米ニューヨーク州立ファッションエ科大学に留学しました。日本の企業では素人が何でもこなしているのに、ここでは細分化された数多くの分野にすべてプロフェッショナルがいることに驚きました。

社内で嫌な顔をされても顧客の評価が上がればいい。

バランスを取ることは大切です。たとえば人材の配置ひとつとっても、管理部門には慎重派を配置し、営業部門には積極派を配置し、なおかつ両者の間で十分議論させて、バランスをとることを心がけています。

20代で逃げ癖をつけてはいけません。この時期はまだ体力もありますし、少しはハードな仕事をこなす経験をしておいた方がよいでしょう。チームの一員としてしっかり力をつけるのです。とことん頑張った経験を持っておくと、今後壁にぶち当たったときに乗り切ることができます。

このときの監房生活で私が得た貴重な体験は、人間は何もないところでも、工夫によっては何でもできるものだということ、もうひとつは、度を超えた苦痛を耐えていると、気が狂う前に人間には気絶という保身の道があるということであった。ふたつとも、負けるものかという不屈の精神を受け付けた体験である。
【覚書き|銀行員時代、横領の容疑をかけられ4か月半ほど中国の刑務所で暮らした経験を振り返っての発言。その後無罪になる】

ページの先頭へ