ビル・ゲイツの名言・格言|悪い情報は早く知らせる

このエントリーをはてなブックマークに追加

悪い知らせは、早く知らされなければならない。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お客様にとっては、あなたの利点なんてどうでもいい。お客様はお客様にとっての利点を知りたいだけ。

仕事で何が一番面白いかといえば、自分が考え、思ったことが表現できること。決められたことを、効率を上げてやるだけの仕事は、面白くないと思います。

海外子会社のトップにふさわしい人材は、「YAMAHA」ブランドを体現できる人だと考えています。現地のニーズをくみ取って、新しい価値を創造できる人です。バランス感覚に長けた調整型の人材では、成長に限界があります。そうした人材を番頭役に、先鋭的なトップが陣頭指揮を執って、新しいことにチャレンジしてもらいたい。

利益率が高い理由は、作り方に無駄がないからです。弊社では、製品の開発から出荷までを予め見込んで作っています。お客様が安く購入出来るように先を読んだ仕事をすることで無駄を省く努力をしています。

よく「忙しいのにボランティア活動出来ますね」と言われるが、つくづく忙しいから出来るのだと思う。暇で余裕があるときほど、ボランティア活動など面倒で出来ないものである。要は実行する決心が出来るかどうかである。

敗戦処理にメチャクチャ疲れたので、求人情報誌に載っていたバスの運転手の募集に電話したこともあります。でも、年齢を聞かれて45歳と言ったら、35歳までだから駄目だと。当時、45歳からでも大丈夫なのはタクシーの運転手と夜間警備くらい。就職しようと思ったらできなかったから、商売で稼ぐしかなかったんです。

経営者の役割は意思決定ですから、考えることは最も重要な仕事と言えます。一人で過ごせる朝以外で、この時間を確保するのは不可能です。

ページの先頭へ