ジャック・ウェルチの名言・格言|ビジネスでは遅いより早い方が優れている

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスでは、6ヶ月早くやっていれば良かったということはある。しかし、6ヶ月先延ばしにすれば良かったということはまずない。


ジャック・ウェルチ の経歴

ジャック・ウェルチ。米国の経営者。「ゼネラルエレクトリック(GE)」CEO。ボストン大学卒業後GEに入社。生え抜きとして出世の階段を上がる。1999年米国経済誌フォーチュンで20世紀最高の経営者に選ばれた。業績低迷にあえいでいたGEを人員の大量解雇と不採算部門の整理統合で蘇らせた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

極めて重要なIT、プログラミングについて、経営者は「自分が無知であること」を恐怖に感じる。どの事業の会社でも、開発したり、業務を効率化したりする時に、ITを無視できません。ITを使いこなせるかどうかで、「収益構造」や「他社との競争に勝てる確率」が、大きく変わるからです。

当社の場合は、自社で施設を持たずにノウハウを生かして運営を受託するという形ですが、そうすることで不要なリスクも背負わずに身軽な経営もできます。

お客様の店舗の利用の仕方は、時代とともに変化しており、店舗に求められる役割も変わってきた。

部下の答えが80点であっても、やらせてみる思い切りが必要です。自分たちで出したアイデアの方が、チームは盛り上がり、良い結果を出せることが多いからです。

年に1度、「KDDI解体新書」と名付けた社内の様々な階級からのアンケートを実施しています。12月中旬にまとまった今年度のリポートを見ると、トップのメッセージは伝わっていると実感しています。もちろん、まだ組織の隅々まで行きわたったとは言い難く、改革は道半ばです。

個性を無理やり変えることはやめた方がいいですね。ただ、私は日本や日本人の潜在力を「謙虚」という言葉にくるんで過小評価してはいけないと思いますし、もっともっとできると信じています。

日本では強烈なトップダウンよりは自律分散型のリーダーシップが伝統的に機能してきました。例えば、明治維新という時代の節目に活躍したのは下級武士、すなわちミドルマネジャーでした。そう考えると、組織のトップはビジョンを語りながら、現場に権限を委譲する。ただしミドルが問題を解決できない場合には積極的に介入する。そうした柔軟で俊敏な決断力がトップには求められます。

ページの先頭へ