ジャック・ウェルチの名言・格言|効率よりも創造性

このエントリーをはてなブックマークに追加

「効率」という言葉はよくない。「創造性」という言葉を使うべきだ。


ジャック・ウェルチ の経歴

ジャック・ウェルチ。米国の経営者。「ゼネラルエレクトリック(GE)」CEO。ボストン大学卒業後GEに入社。生え抜きとして出世の階段を上がる。1999年米国経済誌フォーチュンで20世紀最高の経営者に選ばれた。業績低迷にあえいでいたGEを人員の大量解雇と不採算部門の整理統合で蘇らせた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人は身近に触れ合っている人にだんだん似てきます。組織のリーダーにしても、親にしても、不満や嘆きの言葉ばかり言っていると、周囲がみんな同じようになります。

自分でコントロールできる時間を増やすためには、仕事を与えるよりも自由に動いてもらったほうが価値が高い人材だと、上司や会社に思ってもらわなければなりません。そのためには、上司や会社の期待を超える成果を出すことです。

「社訓」の最初に記されている「ヤマトは我なり」とは、「自分自身=ヤマト」という意識を持ちなさいということを意味し、経験を踏めば踏むほど、味わいの出てくる言葉だ。特に当グループの場合、セールスドライバーが車で外出して一人になったとき、何を行動の規範にすればいいのか迷うことがある。だが「自分自身=ヤマト」であり、自分がこの地区でヤマトを代表する存在だということが分かっていれば、どうすればお客様に喜んでもらえるのか、そのためにどんな行動を取るべきか、おのずと答えが出てくるはずだ。社員たちは、日々の仕事のさまざまな場面で、「『ヤマトは我なり』とは、こんなことを言っているのか」と感じているのではないかと思う。

良い会社とは、永続的に存続し続けることができる会社です。急成長もいいですが、何よりもまず、安心して働ける会社になること目指します。

一度しかない人生なので、やりたいことをやれるのは幸せなこと。気の進まない選択をしなければいけない場合も、その中でやりたいことを見つけていけば、悔いなく生きていけると思います。若いうちは食わず嫌いをやめて、いろいろやってみるといいのではないでしょうか。

わがままであることがどれだけ重要かということに、改めて気づかされました。監督(木村大作監督)がわがままであったからこそ、自分の足を使って歩いて、撮影することがどんなに意味のあることかも教えてもらうことができたし、雨だろうが嵐が来ようが撮影する。その「画」がどれだけ力を持っているのかということも教わりました。
【覚書き|映画『劔岳 点の記』の主役を演じたことを振り返っての発言】

最近、中国だ、インドだという経営者が増えています。労働力が安価だ、モノをつくるコストが安いという理由で海外に出ていく経営者は20年先を見ていない。いま、決して成熟国家から逃げたらいかんと思っています。勢いを持って成長している新興国が成熟するのはあっという間です。日本企業は成熟国家で来るべき時代に向けて知恵を絞りだし、競争力を磨かなければならない。それが目先ではなく、中長期的に競争力を保持していく必須条件だと思います。

ページの先頭へ