スティーブ・ジョブズの名言・格言|自分たちの製品を知らないのにお客に勧められない

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分たちの製品を知らずに、どうやってお客に勧めるというんだい?
【覚書き|経営危機のアップルに呼び戻されたときの発言。当時の開発陣に製品の利点やターゲット客について尋ねたが誰も答えられなかった。その後、15製品の商品ラインナップを4製品に絞ることとなる】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間は360度全方位に能力を発揮できるわけではありません。自分の得意な分野など、せいぜい90度です。加えて、最近は金融と工学が一緒になったり、医療とバイオテクノロジーが結びついたりして、新しい知識分野がどんどん生まれています。それを全部一人で網羅できると私は思っていません。

世界人口が100億に近づくと、食料や水などの奪い合いが起きかねない。日本は人口が減っても国民1人当たりの土地や自然は増える。悪い面ばかりではない。

小売店には売上高営業利益率が比較的低いというデメリットがありますが、利益率を上げるためには、一つひとつのことを丁寧にこなしながら、無駄がないように工夫しなければなりません。

「自分に与えられた賜物で全力を尽くせばいい。結果はどうあろうと神様によって与えられた道なのだ」と考え、常に心に平安を持ちながら働くことができました。

誰にだって自分なりの仕事の進め方があるはずなんです。だから「とにかく頑張れ」みたいな変な根性主義、旧帝国陸軍みたいな精神主義はやめて、自分のペースを見つけ出してほしいですね。そのためにも、集中すべきときに集中して、切り上げるときには切り上げる。そういうクレバーな仕事のやり方が、やはり必要だと思います。

自分のものにしようと近づいていくと嫌われて逃げられる。運に近づきたければ、つかまえるというより、触れさせていただくという気持ちでやわらかくアプローチする。それが肝要だ。

若い頃は「60歳を過ぎたら新しい発想が湧かなくなる。自分は老害にはなるまい」なんて思っていました。確かに体力は落ちたかもしれませんが、失敗の分だけ学んできましたから、経営者としての能力は落ちていない。「生涯ベンチャー経営者」という病にかかっているんでしょうね。10年後も、きっとそれは治っていないと思うなあ(笑)。

ページの先頭へ