スティーブ・ジョブズの名言・格言|自分たちの製品を知らないのにお客に勧められない

自分たちの製品を知らずに、どうやってお客に勧めるというんだい?
【覚書き|経営危機のアップルに呼び戻されたときの発言。当時の開発陣に製品の利点やターゲット客について尋ねたが誰も答えられなかった。その後、15製品の商品ラインナップを4製品に絞ることとなる】

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

商売は一筋縄ではいきません。新しい魅力的な商売はたいがい矛盾をはらんでいることが多い。既存の商売とぶつかるわけです。振り返ると、案外、自分たちがいま手掛けている商売を否定したところに、明るい新市場があるかもしれないのです。意識するのは難しいけれど、常に「いまの商売だけでいいのか」という客観的な目線は必要です。

岡藤正広の名言・格言|「いまの商売だけでいいのか」と常に考える


人に伝えられるレベルになってこそ本物の知識。

相川秀希の名言|人に伝えられるレベルになってこそ本物の知識


部下の仕事が早く進むことは、上司にとってメリットのあることです。報連相の必要があるときは、相手に気を遣いすぎないほうが良いでしょう。「あとにして」と言われても、「1分でいいですから」と食い下がる。電車や飛行機に乗り遅れそうならともかく、そうでないときに一分も割けないほど忙しい人なんて、この世にはいません。このことは、上司だけではなく、取引先に対しても言えます。変に遠慮しすぎることはマイナスでしかないと肝に銘じてください。そして迷惑にならないようにコンパクトに話すことを心がけましょう。

河野英太郎の名言|報連相するときは相手に気を遣いすぎない方が良い


ビジネスも投資も、人生も100%うまくいくことなんて難しい。トラブルが起こりうるという発想で万事を進めるべき。頭が真っ白になって、打つ手がわからず、2次、3次と損失が拡大するのでは、いつまでも儲けることはできない。

和田秀樹の名言|トラブルが起こりうるという発想で万事を進めるべき


ハウステンボスは好調ですが、ラグーナの方は難しい。狭いし近くにはナガシマリゾートがあるし、名古屋から同じ時間かけたらUSJまで行けますから。だからこそなかなかやりがいがある。

澤田秀雄の名言|難しいからこそやりがいがある


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ