スティーブ・ジョブズの名言・格言|アップルの経営を上手くやるために働いているのではなく、最高のコンピュータを作るために働いている

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はアップルの経営を上手くやるために仕事をしているわけではない。最高のコンピュータを作るために仕事をしているのだ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

営業マンは、個人の成績が重視され、個人プレーに陥りがちです。しかし、営業に課題解決力が求められる中、個人のアイデアや成功体験をチームで共有し、強いチームをつくることが必要になります。チームミーティングで営業実績を報告し、次はもっと頑張れとハッパをかけるだけでは、チームの活性化にはなりません。

お客様が一気に減って、経済的にも精神的にも大変な時期がありました。でも、「ここで諦めて、また悶々とした日々を過ごすくらいなら」と思うと踏ん張れた。夢を一度諦めたつらさが、逆に私を支えてくれた。

私は夢を語ることはできても経営者としては半人前です。ですが、それを補ってくれる社員が創業時からいた。これは大きかった。

私は、小学校4年生のときに目をケガしまして、今もう左目がまったく見えないんです。まさに独眼竜。そのころはどうしようもないガキ大将で、本なんかまったく読まなかったんですが、何回か入院をしまして、病院でじっとしていなきゃいけなくて、これが辛くてですね(笑)。で、しょうがなく本を読み始めたんです。そうしたら、はまりましたね。『十五少年漂流記』とか、夢中になって読みました。ですからもう、私は本に救われましたね。ケガをしたからよかった。何が幸いするかわかりません。

どの仕事もそうだと思いますが、仕事の奥深さはそれほどすぐにわかるものではありません。ホテルマンは人をもてなすのが仕事ですが、30年ホテルマンを続けてきた私でさえ、人を見ることの面白さを日々発見しています。まだまだ知らないことだらけですよ。

外国企業と一緒に仕事をするとき、お互いに論理で納得していながら、行動に反映されていないということが起これば、信頼を失ってしまうことになります。

死というものを考えたうえで、毎日毎日を自分らしく力いっぱい生きていくということで、自分が思っている以上の大きな力が出るものです。そうすれば、自分でも納得できる生涯が送れるのではないでしょうか。

ページの先頭へ