スティーブ・ジョブズの名言・格言|アップルの経営を上手くやるために働いているのではなく、最高のコンピュータを作るために働いている

私はアップルの経営を上手くやるために仕事をしているわけではない。最高のコンピュータを作るために仕事をしているのだ。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

集客してモノやサービスを提供し、集金するという一連の流れを構築する。この形さえできれば、あとは自分のペースでコントロールでき、最後には仕組みそのものがお金を生む。

私は1時間トレーニングした後は、同じくらいストレッチに時間をかけます。目に見える筋力より、見えない場所がここぞという時、役立つのです。

社長就任の翌年、主力の複写機は国内市場で頭打ちが鮮明で、成長性や収益性が低下していました。そこにリーマンショックも襲ってきた。普通のやり方ではダメだ。事業構造そのものを変えないといけない。そう心から思った。

今の私の人脈は、ほとんどが独立後に開拓したもの。「会社員時代と全く違う人間関係を築く」くらいの覚悟がないと、起業はうまく進まないのかもしれません。

死は人生の終末ではない。生涯の完成である。

圧倒的な強みを持つことは大事です。しかしルールが変わり、その技が加点対象にならない可能性もあります。だからこそ、できる技はたくさん持っておいた方がいい。多くの技を普段からバランスよく磨けば、「どんな状態でも勝てる戦略」が立てやすくなります。

同じリッツ・カールトンでも、アメリカではチェックイン時に荷物を持つサービスはしていません。彼らはそれが「サービス」だとは考えていないからです。むしろ、ビル・ゲイツのような人物は、絶対に自分で荷物を持ちたがります。他人に荷物を預けることで一秒たりとも時間を無駄にしたくないからです。ところが日本人は違います。どんなに小さな荷物でも持ってもらいたいと望みます。この違いに気づいているからこそ、ザ・リッツ・カールトン東京のお客様の70%が日本人になるのです。

人間が焦ったときに一番はっきり分かるのは、視線のうろつき。簡単に言えば、黒目が白目の中で左右に大きく動く「泳ぎ目」。そして、下唇を上の歯の下側に噛み込む「下唇の噛みしめ」、舌先を出して下唇をなめる「舌なめずり」です。

特に企業という立場から見た場合、日本企業が価格よりシェアの競争に陥ったのは大きな誤りです。本来、企業は従来にはない製品を作り、新しい価値を生み出し、そこからリターンを得てステークホルダー間で分配をする存在であるべきですが、こうした好循環を失ってしまった。

中国では現地の既存販売店の経験者は一切採りません。純血主義です。その方が方針の徹底や、文化の違いを克復できるんじゃないかと思っている。まったく異質な企業文化が混ざると、徹底できませんよ。うちが採用した人は、みんな純真だから。うちで教えたことが、ビジネスだと考えてくれる。これは強いですよ。

ページの先頭へ