スティーブ・ジョブズの名言・格言|アップルの経営を上手くやるために働いているのではなく、最高のコンピュータを作るために働いている

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はアップルの経営を上手くやるために仕事をしているわけではない。最高のコンピュータを作るために仕事をしているのだ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

即戦力になる人材を見分けるコツのひとつは、強い領域、得意な領域を持っているかどうかが重要です。いわゆるゼネラリストはあまり評価できません。人は大方、会社に入ったときはゼネラリストですよね。しかし、3年、4年……と企業に身を置くなかで、徐々にそれぞれ自分の得意な分野をもつようになります。そうしたなかで、どれだけスペシャリストになれるかがとても重要で、これは大きな分かれ道になる。とりわけ30代は、いかにスペシャリストとしての自分を確立するかが問われます。

この難局を突破するためには全員総力を結集しなければならぬ。そのためには相互の信頼が第一である。経営者が嘘を言うのが一番悪いから、会社の内容は一切真実を語ることをする。待遇も会社の基礎を危うくしない程度においてできるだけ良くするようにしたい。諸君も会社の実業をよく理解してほしい。
【覚書き|終戦直後社長就任のスピーチで】

想像を超える困難な状況の中で、自分で何とかしないとダイレクトに結果に表れてきます。誰も教えてくれない。失敗はしたくないが、失敗を恐れていたら何もできない。必要な情報や知識をどんどん吸収し、あらゆる力を一点に集中して突破する。そして、見事成功したときは達成感に浸る。こうした修羅場体験を経ると、ひと皮も、ふた皮も向けて力をつけることができます。

人間の脳は経験によって進化するといわれているので、たくさんの経験を積んで場数を踏んでいけば、結果的に仕事ができるようになると思います。

私の一番の投資対象は二人の娘たちです。多くのお金を残すのではなく、自力で人生を切り開いていける女性に育てることができたなら、自分はすべてを失っても構わない。

現役を引退したときも、新しく何かを始めるときも、不安というのはまったくないですね。逆に、新しい生活が始まると思うとワクワクしてくるタイプです。

店の経営が「お金を得るための手段」だけになってしまったら、工夫をおこたって、かならず料理の質は落ちていきますよね。そういう人はあちこちで見てきた。いいものを作りたいとか、喜んでもらいたいとかいう気持ちがなくなったら最後、という生活なんです。

ページの先頭へ