アランの名言|怒りと絶望はまず第一に克服しなければならない敵である

怒りと絶望はまず第一に克服しなければならない敵である。それには信じなければいけない。希望を持たねばならない。そして微笑まねばならない。

アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いま、インテルがとても大事にしているのが、”be bold”(大胆な発想)と、”velocity”(速さ)です。”be bold”は「リスクをとって前に進め」ということ。”velocity”は、「ただ速いだけではなく、ダイナミックに、川の流れのようにグワーッと一方向に向かっていけ」ということです。私たちは「動きというのは遅いものだ」という意識を持っています。だから「周りはもっと速い、だから危機感を持って速く進め」と常に自分にもスタッフにも言い聞かせています。

お金には限りがあるからメリハリをつけなきゃいけない。

コレクションに登場する最先端のファッションではなく、我々が追いかけているのは、あくまでもマストレンド。それをつかむことはそんなに難しいことではない。トレンドをつかんだ後、細部で個性をどう表現し、それをいかに早く商品投入するかが我々の戦略の重要な部分です。

膨らんだ財布は、心を軽やかにする。

自分は「何屋」か、胸を張っていえるかどうかが重要。営業マンなら営業屋といえるほどの専門性があるか。では、何の営業屋かと。

不透明な中だからこそ、事象を俯瞰して眺め、企業として安定的な基盤を整えつつ、多面的に布石を打っていく必要がある。

受注目標額を達成するために何でもかんでも仕事を取ればいいわけではなく、大手がやるべき仕事を見極めていくべきだということが重要です。民間企業として当然のことですが、付加価値の高い仕事をすることでコスト競争を避け、利益が出る仕事を取っていくということです。

毎年の年賀状もすべて手書きです。宛名だけでなく中身の文章もです。裏も表も手書きとなると、800枚程度が限界なので、お世話になっている全員に出すわけにはいきません。それでも手書きにこだわるのは、受け取る側に手書きの気持ちや気概を感じてもらうことが、文章によるコミュニケーションの第一歩だと思うからです。

今も昔も人間はそんなに変わっていません。このことを知ると、新たなビジネスのヒントになります。

母は心理学者です。学者は基本的に儲かりませんが、母は好きな研究をずっとやり続けて、40代以降になってようやく社会的地位や経済力がついてきた。そういう姿を見てきたので、私も好きなことをやり続けていたら、たとえいまお金にならなくても、いつか報われるんじゃないかと。母というモデルケースがあったおかげで一歩踏み出せました。

ページの先頭へ