盛田昭夫の名言・格言|SONYの社名を作る前に決めた2つのガイドライン

このエントリーをはてなブックマークに追加

SONYの社名をつくるにあたって決められた2つの重要な決定基準

  1. 文字数は少ないこと。文字数が少ないほど印象面から見て極めて有利である。しかも誰でも簡単に記憶に残してくれる。しかし、3文字はあまりにも多くの組み合わせが使われており、混同を生じてしまって好ましくない。4文字ないし5文字であること。
  2. 世界に進出する以上、どこの国でも同じ発音で読まれ、感じよく耳に響く名であること。

盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

初めて訪問を受けるお客様にとって一番嫌なのは、自分や自分の会社をまったく理解していない営業です。「この人はこちらのことを全然わかっていないな」と思うと、心も口も閉ざし、何も話してくれなくなります。まずは、相手にとって良き理解者になることを目指してください。

成果主義は欧米流の収益至上主義の延長上として導入され、当初からそのほころびが指摘されていました。数字的な成果は、仕事が生み出す価値のほんの一部でしかないことに世間は気づき始めています。ただ収益をあげればいいという単純な動機と単純な満足感で人生を過ごしている人はいないということです。

自分の考えをはっきり言えるように訓練しないといけない。米国人などは、相手からはっきりと考えを伝えられることを期待する。それが否定的な内容であってもだ。けんかをしないといけない時だってある。

技術者に負けない知識を持っているから、メーカーに注文もつけられる。

「ムリかも」なんて考えず、常識をどんどん破っていけは、いいアイデアが出る。

食為聖職。食の仕事は聖職であり、人様の口に入れるものは安心・安全でなければならない。

経営者は「明日をつくる」のが仕事です。事業は社員がやってくれます。経営者は明日の事業をどうしていくかを考えなければいけません。

ページの先頭へ