盛田昭夫の名言・格言|商売の鉄則とは、自ら開発した商品は自ら市場と販路を作れということ

このエントリーをはてなブックマークに追加

東通工(ソニーの前身である東京通信工業)は市販品を生産・販売する初期において、商法の鉄則ともいうべき、よい教訓を得、今日ソニーに脈々と流れる経営の基本ポリシーを打ち立てた。それは「自ら計画し、自ら生産した製品は、自らマーケットを作り、自らの販売計画によって販売すべきである」ということである。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

売れる本を書くには、筆者が言いたいことを伝えるだけでなく、読者がどのようなものを求めているのかを考える必要があります。疑問に対して答えになる本でなければいけません。

世界経済には停滞色が強いけれど、動いているところはある。

オフィス2007開発ではユーザー調査に膨大な時間を割きました。当社では、承諾を頂いたユーザーを対象に、ネット経由であらゆる操作の統計量を調べています。これを基に、最もよく使われている機能が何か、克明に調査しました。よく使う機能を洗い出したら、今度は類似する機能群をまとめてグループ化する。さらに、そのグループをどういう順番で並べると作業しやすいかを考えたのです。

お金を上手に活用するためには、収入源ごとに使い道を決めること。かっちり決めておけば、使い道がブレない。

方向をきちんと定めて、突き進んできたことが、業績の急成長として現れたのです。V字回復は奇跡や偶然ではありません。

仕事の効率を上げるために意識していることは「その場で処理できること、判断できることは後回しにせず、その場で処理・判断する」ことですね。たとえば、メールも読んだらすぐに返信する。以前は「要返信フォルダ」をつくって、そこに入れたりしていたのですが、メールが溜まっていく一方で、精神的によくないのでやめました。

クライアントのコンサルティングや講演会など、相手の都合で決まるスケジュールが多いので、自分の側でルールをつくってしまうと摺合せが難しくなります。だから曜日の決め事は一切つくりません。日々の就業時間と就業時間はきっちり守って土日は休みますが、あとはフレキシブル(柔軟)に考えます。

ページの先頭へ