盛田昭夫の名言・格言|最小の努力で最大の効果を目指せ

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社は競争をしている。競争に勝つためには、やはり最小の努力で最大の効果を上げること、つまり、社員の一人一人が最も効果的に働くということが一番大事だ。世の中には、一生懸命に働いているのだが、効果があまり上がらない人もいる。私はそういう働き方はもったいないと思う。まじめに一生懸命働くことは大事なことだ。しかし、そうして働いても、効果があがらなかったら全然意味がない。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

トヨタを追撃するという姿勢でなく、いい品物をつくって出すという考えでないとトヨタを追撃できませんよ。

「次は何が起きるんだろう?」という意外性を、どうやって受け手に感じてもらえるかが大切。

今後企業が成長するためには、どのようにして組織内のアイデアを吸い上げ、学びを実践していけるかにかかっている。

カネボウや日本航空の再生を手がけたとき、年金改革をしました。OBの年金もカットしました。そのとき、相手が本当に守りたいものは何なのかを考えた。要はOBの人たちは「今、支払われている年金額を守りたい」というより、老後の安定した生活が大事なわけでしょう。そうすると、年金交渉が決裂して、会社が本当に破産してしまったら、会社更生法による手続きではなく破産清算になり、年金は減額どころか、ゼロになってしまうんです。こちらは別にゼロにしてほしいとは言っていない。企業を再生することが目的ですから、年金の減額は手段に過ぎない。そうして、それぞれが本当に何をゴールにしているかを見極めると、向こうは老後の安定、こちらは企業の再生ということになる。そこから落としどころを探していく。

自らのエゴを前面に出すことがない日本人の国民性は、グローバルのヘッドクオーターとしての役割を果たすのに向いているのではないか。

事業には常に成長が必要であり、終わりがありません。常に満足せずに、次の目標を目指すことが重要。

宿題がない、予習がいらない授業は自分のためにならない。レッスン時間はひとりで練習した成果を披露する場。自由に話すだけなら外国人の友人をつくったほうがいい。

ページの先頭へ