盛田昭夫の名言・格言|将来は誰も教えてくれない。自分で必死になって考えろ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちが会社を始めたとき、うちの会社をどうしてやっていくべきか、教えてくれた人は全然いなかった。私たち一人一人が毎日毎日、我々の会社をどうやっていくか、必死になって考えてきた。いまも私たちに、この会社の今後はこうあるべきだ、こういうものを作りなさいと教えてくれる人は誰もいない。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

新しいアイデアをゼロベースで生み出そうとするから行き詰まる。重要なのは「何かを組み合わせて新しいものができないか」という発想です。

提案書と一口にいっても、誰に対して提案するかによって書き方が異なります。相手に商品の魅力を告げ、納得させなければなりません。最初に気をつけるべきことは、相手の心理状況をきちんと読んでから、文書のスタイルを決めるということです。その商品に対して抵抗感を持っているかどうか。斬新な商品企画であればあるほど、違和感や批判的な印象を持つ人がいるからです。

企業経営モデルとして「選択と集中」という言葉があります。我々は、あまりこだわることなく多様性を持ちたいと考えています。それぞれが個性と独創性を持ちながら、キラリと光らせたいというのが我々の会社の考え方です。事業はいろいろ広がりが出てくるものですが、緩やかな枠決めはしつつも多様性と個性を追求していきたい。

常にお客さまが少しでも喜んでくれるような、そんな差を生み出していく。他社がやらないことを少しずつ積み上げていくようにしています。

まず3回挑戦してみるという姿勢が必要です。例えば、挑戦して壁にぶつかり、もう一度挑戦してまた壁に直面したとします。しかし、大抵のことは3回挑戦すれば叶うものです。

十分に力を持った人が変化して、新しい仕事に取り組んでいき、元の職場を他の人に残してやらないといけません。そして、金のある人は文化に投資し、消費していかなければなりません。格差がいけないのではないんです。能力のある人が文化に金を使わず、新しい仕事に移っていかないことが問題なんです。

重要なことを見つけ出すという積極的な姿勢で本を読めば、問題意識が高まって、おのずと自分が読むべき本も選べるようになります。そうやって選んだ本が新しい知識を与えてくれます。そしてまた、その新しい知識が問題意識を高めていく。知識と問題意識は、そのように循環的に増えていくのです。

ページの先頭へ