盛田昭夫の名言・格言|市場では参加するだけでは意味がない

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツのオリンピックには、よく言われる有名な言葉がある。「オリンピックは参加することに意義がある。勝敗は二の次である」というクーベルタンの言葉だ。しかし、我々のビジネスのオリンピックでは、悠長なことは言っておれない。参加することだけでは意味はない。参加する以上は、そのオリンピックで勝たなければならない。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が実践して効果的だと感じているのは、ストーリーを語ることです。計画を実行することで、参画した人がどのように幸せになるのか、また世の中がどう変わるのか。「この指止まれ」と仲間を集めるなら、このビジネスを実現させた先にはみんなの幸せがあるというサクセスストーリーを示し、それを共有することが大切です。ストーリーを語らずして、自分より優秀な仲間を集めることは難しいでしょうね。

利益が出るのかと心配されるが、損得勘定だけで店をやろうとするからお客が離れるのだ。

どんな企画も、どんな商品も、人と同様に完成度100%のものはありません。ならば、よい部分を見つめて、悪い部分を改善していく方法を考える方が賢明です。

私は禅の教えの影響を受けました。幼い頃、男兄弟の末っ子でヤンチャだった私は、大学卒業まであるお寺に預けられ、書生として育ちました。そこで、世間の常識にとらわれず、惑わされない心を学びました。それが現在の仕事につながっています。

買い物をしてくれる人たちに顧客満足を提供する。小売業の存在意義はそこにある。

経営統合の成否は、両社の一体感の醸成にあります。そのためにはトップである私の考えや方針を、会社全体に周知徹底させることが欠かせません。それができているのだろうか、自分の発言はきっちりと現場の隅々にまで伝わっているのだろうか。正直、しばしば不安に駆られました。

細い糸で、糸を切られないように大きい魚を釣るのはなかなかおもしろい。太い糸だと、食わないんですよ。
【覚書き|趣味の渓流釣りについて語った言葉】

ページの先頭へ