盛田昭夫の名言・格言|儲けの精神を忘れたらサラリーマンは失敗者

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社とはあくまで儲けるための団体である。血みどろの戦いの場である。楽しみ自体に目的を持たれてはたまったものではない。楽しみを追っかける小市民的な夢に安住している人間を、私はビジネスマン失格者と見なす。安閑としていては、会社の成長についていくことは難しい。口うるさいほどに言いたいのは、会社とは欲と二人連れの儲けるための団体である。この儲けの精神を忘れた時、すべてのサラリーマンは失格者として進歩から見放されるであろう。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は「ダントツナンバーワン」にこだわります。ダントツでなければ、人は社名を覚えてくれない。「部屋を探すなら山晃住宅」と思っていただくには、地域でダントツの評判を立てる必要があります。

「カンブリア宮殿」という番組で多くの経営者の話を伺っていて感じるのは、時代の変化に直面した企業が自らの資源を再発見し、再構成することの重要性です。それを新たな時代に活かすことで、生き残った企業がたくさんあります。

研修でタイムマネジメントのスキルは軽い扱いをされる場合が多いですが、実はそれがなければ生産性が下がり致命的になるという性格のものです。

記憶力が高いことは「すごい」と思われても、「頭がいい」とは関係ない。使わない記憶は、私だって忘れてしまいます。

クレームに対応する形で機能を改良するのは一種の対症療法であり、過去の成功体験の延長線上にものごとを考えているにすぎません。しかし、そもそも商品が何のために存在するのかと発想できれば、思考は具体的な未来へとつながっていきます。

非効率とも言われる日本型のすり合わせのアプローチが、これからは重要になる。

専務から社長へ就任し、ものの見方がまったく変わりました。社長になると、20倍くらい見える景色が広がったように感じたのです。しかし同時に苦労も20倍です。将来勝つ仕組みを作るためには、つらい決断をすることが多くありました。

ページの先頭へ