盛田昭夫の名言・格言|ソニーはいいアイデアがあったわけではなく、それを実行する勇気があっただけ

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい、いいと思ったことは実行する勇気が必要である。ソニーはアイデアがいいと言われるが、じつはアイデアはそれほどずば抜けて良くはないのである。アイデアのいい人は世の中にたくさんあるが、いいと思ったアイデアを実行する勇気のある人は少ない。我々はそれをガムシャラにやるだけである。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕組みを整えても、悪意を持って行動する人がいた場合に不正を防ぐことは困難だ。健全な精神を持つ人材をいかに企業トップに選ぶかが問われる。

誰にでもできることを、誰にもできないくらいやる。平凡なことを徹底的にやれば、非凡になる。

ベン(ベンジャミン・グレアム)は、私の人生に最も影響を与えた人物です。ベンの教えに従うことで、投資において損をする側ではなく、利益を得る側の一員となることが、私はできました。非常に優秀な投資家が流行の理論を追うよりも、平凡な投資家がベンの教えに従う方が、より大きな恩恵にあずかれるはずです。

上司が自分をどう見るかは上司の課題であって、自分ではどうすることもできません。

営業マンは顧客に有益な商品を提供し、顧客は対価を払う。本来二者の間に上下はなく、対等なのです。もちろん丁寧にしなくてはいけませんが、へりくだる必要はありません。

コマツでは社長の任期は「原則6年」がほぼ内規になっている。上限がないとあと1年、あと1年と先延ばししがちになる。そのうちに取り巻きが生まれ、「社長がこう言っているから」という論理で組織が動くようになる。それではトップが現場と遊離してしまう。

私は人生の時間は三等分したほうがいいと考えています。「仕事をする時間」「睡眠や食事、休息の時間」「遊ぶ時間」です。一般的には仕事と休息、オンとオフというように二分して考えがちですが、「遊び」と「休息」を区別して、仕事も含めそれぞれ3分の1ずつがいいと考えています。

ページの先頭へ