盛田昭夫の名言・格言|人材開発の大前提は、社員がしたい仕事に就かせること

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の能力を発揮できない職場、必ずしも「自分はこの職場でなくては」という強い希望を持ってその職場を選択したとは限らぬのに、いつまでもそこに腰を据えていることは、社会全体の不利益にもなるだろう。自分の欲するところに就職する機会を多く持てるような環境を作ることこそ、人材開発の大前提なのである。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

希望を持つことは重要だが、理想を追いすぎて成功できない人は案外多い。どんなプロジェクトでもバラ色に見えるために、次々と仕事を変えるのも問題だ。「とらぬ狸の皮算用」をしてもどうにもならない。

社内のパワハラ問題の予防対策としては、トップ自らが社内外に向けて、「パワハラを許さない」と公言することが重要である。ハラスメントヘの社内アンケートを取って、その結果を公開し、関連の研修会や相談窓口を設けていくことも必要だ。

インターネット産業は、非常に移り変わりが速い。ですから、その流れに合わせて、様々なところにアンテナを張りながら、試行錯誤していきます。ナンバーワンになるためにはいち早く戦略を練り、臨機応変に意思決定をし、実践していかなければいけません。

人事評価ではもちろん業績もみますが、業績にはタイミングも影響するし、種蒔きタイプか刈り取りタイプかという違いもあるので、業績がいい人がイコール経営理念の優れた継承者であるとは限りません。

まず固定費を下げる、それから売上を伸ばすために商品力を強化する。基本的にやらなくてはならないのはこれだけです。

20代、30代は発展途上の時代ですから、採りいれた新しい情報を、いかに消化するかが大切です。いくら他人のコピーをしても、自分のものにはなりません。常に自分のやり方との対比をすることが大切です。

私の父方の実家は茨城県にある神社です。祖父が長く神主をやっていました。子供の頃、少し知恵がついてくると、祖父に「神様なんて、本当はいないんでしょう?」と尋ねたことがあります。そのとき祖父がこう答えたのを覚えています。「神様がいると信じ、それを心の支えに生きている人にとっては、神様はいるんだよ。一方、神様を信じていない人には、必要ないかもしれない。実在うんぬんではなく、大切なのは心のより処があるかどうか、ということなんじゃないかな」。

ページの先頭へ