盛田昭夫の名言・格言|不景気になったらレイオフせずに社員教育を行え

このエントリーをはてなブックマークに追加

うちは絶対にレイオフしちゃいかん。利益が下がってもいいから、全員をキープしろ。その代わり、不景気の間を利用して社員教育を行う。
【覚書き|オイルショック時にサンディエゴ工場のマネージャーに言った言葉。クビを切らず、社員教育を徹底したおかげで、中核社員が育ち、社員のモラルとやる気が大きく向上した】


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ひと昔前の人は、怒る時でも実に真剣に怒りました。怒るのもエネルギーがいりますから、そこまで真剣に怒る人が少なくなってきているのではないでしょうか。

成功した方に、その成功の理由をお聞きすると、皆さん「運」だとおっしゃいますが、誤解してはいけないと考えます。血のにじむような努力、辛い思いがあり、志を持って継続したからこそ「運」を掴めたのだと思うからです。

人のやることは何でもやる。人よりはよくやる。決して人に負けない。それが私の信条であった。また、もって生まれた気性でもあった。子供のときから道で前の方を歩いている人を追い越すことに興味を持ち、幾人も幾人も追い越すと、それはひとつの喜びであった。

仕事の区切りがつくたびに、デスクの上の書類を片づけるようにしましょう。忙しいと、少しの整理でも煩わしいかもしれません。けれども、そのときに使っていた書類を元の場所に戻すことは、数秒もあればできます。その数秒で、仕事の効率が格段に上がるのです。

もし、あなたに社内ライバルがいるならば、まずは相手を褒めることから始めてみましょう。ライバルに勝つために陰口を言ったり、相手の足を引っ張ることを考えがちですが、それは逆効果。褒めるというポジティブな発言によって周囲はあなたにポジティブな印象を持ち、好人物だと認識してくれます。結果、ライバルを褒めることが、あなたの評価を高めることになるのです。

パソコンで図をつくると、気軽に色をつけられるせいか、カラフルに描く人が多いもの。しかし、読み手は-度に多くのことを認識できないため、色とりどりの図は相手を混乱させる恐れがあります。図はできるだけ読み手に負荷を与えないように、黒1色で描くことを心がけましょう。どうしても色をつけたい場合は、黒1色でもわかるように図を一度完成させたうえで、強調したい部分にだけ色をつけるとよいでしょう。

私たちはどうしても自社の商品を絶対にいいと思い込みがちです。熱意は必要ですが、外部の人には押しつけがましいと思われかねません。客観的かつ効果的な情報を集めて、冷静に説得すべきです。

ページの先頭へ