盛田昭夫の名言・格言|ものごとの基本原則を見極めてから動く

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は経営においても基本原則というものをはっきり認識することが非常に重要だと考えている。それは理念とはやや次元の違う概念であるが、理念と同様に経営にとって極めて重要な要素だと思う。私はいままで、ずいぶん多くの意思決定を行ってきたが、いつの場合でも、基本原則に基づいてデシジョン(決定、決断)を行ってきた。例えば、東京通信工業からソニーへ社名を変えるときも、変えるなら世界的に通用する名前にしようということで、井深さんと二人で必死に考えたわけだが、できるだけ短くて、ローマ字で書いて世界中でどこへ行っても同じ発音で読まれ、しかも日本人にも読める名前という基本原則ができた。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日本のビジネスパーソンの多くは、プレゼンのときにオーディエンスに顔を向けることなく、うつむいてボソボソと資料に書かれた内容を説明します。こうしたプレゼンはいかにも自信がなさそうに見え、提案内容にも信頼を置けなくなります。

横浜支店にいた時、ある油槽所の社員の社内預金払出伝票にハンコを付いたんですが、それを見た支店長に厳しく叱られたことがあります。「お前はこの伝票を見て、何も感じなかったのか。薄情者め。金額が大きく、しかも1円の桁まで端数がついている。彼は多分会社を辞めるぞ。そうでなければよほど金に困っているはずだ」と。結局彼は会社を辞めることになりましたが、若い社員が自分の社内預金を引き出すのに、先輩があれこれ指導するようなことは、大人げないと考えていた私の甘さを正されたわけです。若い人を指導するなら、余計なお節介をしろと。少なくとも困っている社員を見過ごすなということでした。

他社の株主総会や決算報告を見ていると、たいてい「そもそも我が国の経済は」といった文面から始まります。世の中の景気が悪いから、自分の会社の業績も悪いというわけです。しかしそんなことはないだろうと、私は思うわけです。世の中が駄目だから自社も駄目。それが本当なら、経営者など必要ありません。

訴訟社会の米国で高い授業料を支払って学んだのは、しかるべきチェックリストを調べ、確実に判断しながら、プロセスをひとつひとつ積み上げていかないと、後でどんな間違いが出てくるか分からない、ということです。普段から弁護士との間でいろいろとやり取りしていて気を配っていたからこそ、正しい対応が取れ、訴訟に勝つことができました。

プレゼンの場面では「3つのS」が必要です。

  1. 専門性。お客様に応え得るレベルの知識、情報量、技量を磨きましょう。
  2. 信憑性。提案には根拠が不可欠です。現状のデータ、提示した解決策の論拠などをきちんと説明すること。
  3. 誠意。一生懸命、誠実に臨むこと。

「面白いですね」「毎週観ています」といわれても、「そんなこといったって、飽きれば観なくなるでしょ」とすぐ思ってしまう。僕自身がそうですから。それだけに、「視聴者はいついなくなるかわからない」という危機感は、つねにあります。

大きなヒット商品は、順境のなかよりも、得てして厳しい状況のなかで生まれる。

ページの先頭へ