盛田昭夫の名言・格言|自由経済社会では毎日が競争だということを忘れないこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

できることなら競争を避け、和気あいあいでいきたい気持ちは誰にでもある。しかし、自由経済の会社である以上、競争があり、競争するなら勝たねばならない。会社へ出てきた以上は、毎日が競争なのである。これをよく頭の中に叩き込むことが大切であろう。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

次世代のネット社会では、企業活動も大きく変化する。製品の作り方や取引先・社員との関係は様変わりし、顧客とも従来とは全く異なる形でつながっていかなければならなくなる。各企業のCEO(最高経営責任者)は経営の進め方を大きく変えていかなければならなくなるだろう。

何かを作るってことはそれだけで難しい。毎日がチャレンジだ。ビジネスを起こすのは、ローラーコースターのようなもの。すべてがものすごくうまくいっているハイポイントもあれば、急に成長が止まってどうしたものかと考えたり。それは素晴らしい気持だ。

正解はわからなくても、決断をしなくてはいけません。そこで必要になるのが思考の軸。羅針盤みたいなもので、目的地に一番早くたどりつく方法を教えてはくれないけれど、最善の航路を描くためには不可欠ですよね。それをつくるためにも、経営学を学ぶ価値はあります。

仕事というのは、最初は誰だって面白くないのです。新入社員の頃を思い出してください。会社のことは何もわからず、上司から与えられる仕事の意味もよく理解できず、それをやることに苦痛を感じていたはずです。ただ、その仕事を続けていくうちに段々と面白くなってくる。ついには家庭やプライベートも顧みずに仕事に没頭するビジネスマンが続出するわけです。

経営者には、自分自身に知識や経験がなくても、他人がどう動くかを見て学び、次に自分なりに教訓を抽出して、経営ノウハウをつくっていける能力が求められる。

戦う前に言い訳をしないで、早く転んで傷つけばいい。泣くような思いをして、自分を知るほうがいい。いつも言い訳と人の悪口ばつかり言って生きていても前に進まないでしょう。

強調しておきたいのは、「勇気づける」と「ほめる」とは違うということです。「勇気づける」とは「困難を克服する活力を与えること」であり、お互いの間で相互尊敬・相互信頼にもとづく共感的な態度が欠かせません。それに対して、「ほめる」の場合、評価的な態度から始まり、相手が自分の思い通りの反応をすると相手をいい気持ちにさせることがありますが、自分の期待に添わないと、くさしたりけなしたりすることもあるのです。

ページの先頭へ