盛田昭夫の名言・格言|ビジネスは名より実をとる

このエントリーをはてなブックマークに追加

名よりも実をあげることがビジネスだ。実業という文字の通り、とにかく実がなければならない。
他人がやるから自分もやる。マーケットの大きさを無視して、みんな同じようなことをやって叩き合いをやるから、利益がなくなってしまう。マーケット、それに利益というものをもっと考えなければいけないと思う。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現場で情報収集をするとき、上司が「私は何でもわかっている。まず私のいうことを聞けばいいんだ」という姿勢でいると、自説に合う情報は得られるかもしれませんが、現場の素の情報は得られません。また、「自分はこう思う」という課長の思いが強すぎると、部下が影響されてしまい、現場の本質を知ることがさらに難しくなります。

経営者になるような人は、仮に左遷されても、左遷されたとは思わないメンタルの強さがある。

我々が考える人材紹介は、「紹介がゴール」ではありません。紹介した方が実際にその職場で活躍し、企業の成長に役立ってはじめて、「ひとつの仕事を成し得た」と言えると思っています。これを実現するために事前調査から紹介後のフォローに至るまで、とにかく手間暇かけて転職希望者と企業をフォローすることにこだわっています。数をこなすことだけを目標にしていたら絶対にできません。

徳は事業の基(もとい)なり。

人は自分には識らないことが沢山ある、ということを知ることが非常に大事。

どんな小さなことでも正しいか正しくないか、よいか悪いかという点において信念を失わないという頑固者でなければ、何をさせてもちょっとしたことしかできず、しっかりとしたことを行うことはできない。

格安航空券の販売では、大手の旅行会社に随分と邪魔されましたが、結局取引は続きました。それは、相手にとってもメリットが大きかったからです。HISと付き合えば、閑散期でもチケットを売りさばいてもらえます。いくら大手に取引停止をちらつかされても、HISへの航空券の販売をやめるわけにはいきません。

ページの先頭へ